2005年2月14日

特別編:NAMM SHOW 2005 - SABIAN PARTY(後編)

stage.jpg

「1/21 アナハイム.コーストホテルにて」 photo by Taro Yoshida

さてライブも中盤に差しかかってきた頃、Hideous Sun Demonsの「RAIN」「ELEVATION」を2曲続けてプレイしました。これらの曲は昨年に、オリジナルメンバーのジェイムス(ロメンゾ/Bass)や日本で活躍する友人のケイスケ(西本/Bass)とも演奏したのですが、プレイスタイルが三者三様でとても興味深いですね。同じコード進行でもコードの捉え方が違い、ギターを弾いている僕としては違うバージョンで演奏出来るので有り難いですね。毎回同じアレンジでプレイするのは面白くないのでとても新鮮です。

HSDCOVER1.jpg

「デビュー・アルバムはマグナカルタ.レーベルより絶賛発売中!」

特に「ELEVATION」はHSDの代表曲でもあるので、気合いが入りましたね~。実はこの曲には面白いエピソードがあり、最初はデイブ(Dave Lee Roth)に渡す為に作った曲なのですが、残念ながら採用されずインスト・ソングになりました。あの時にデイブが採用していれば、現在この曲は無かったわけですね。ん~複雑です。

さて、次はお待ちかねのドラム.ソロ!です。そう今回はセイビアン(シンバル・メーカー)主催のライブなので当然のように沢山のドラマーが会場に集結していました。ステージ裏にもビリー・コブハム、テリー・ボジオ、デニス・チェンバースらの巨匠達が集まっていたのでレイも少し緊張していたのではないでしょうか?しかし流石はレイ!!いつもよりパワフルかつテクニカルで最高のソロでした。オスティナートを使ったパターンや驚異的なペダルワークは相変わらずで、レイのような素晴らしいドラマーと一緒にプレイ出来る事に感謝します!

ray.jpg

プレイ、ルックス、性格、全てがGREAT!なレイ」photo by Natalie Bopp

いよいよライブも終盤です。ずっとインスト(歌なし)の曲が続いていたので、ここでビリーが歌う「The Lift」をプレイしました。この曲はビリーのニューアルバム『COSMIC TROUBADOUR』に収録されていて、ビリーのポップな一面が垣間みれる曲ですね。ビリーは一般的にあの超絶テクニックばかりがクローズアップされますが、Mr.BIGに代表されるように、シンプルでメロディアスな曲も抜群ですね。「The Lift」ではポップなメロディーとダウン・チューニングという相対する要素を一つにまとめた曲で、プレイするのも気持ちいいですね。この曲では「dragonfly」のB6というギターを使いましたが、会場中に張りのあるヘヴィーなサウンドが響いたのではないでしょうか。僕は手が小さいのと、親指でルートを押さえるクセがあるので7弦ギターは苦手なのですが、このロングネックのギターなら問題なく使えます。ただ弦のゲージが太いのでかなりパワーが必要です。

そして「The Lift」の後は会場中のオーディエンスがとても楽しみにしていたビリーのベースソロ!! やはり『KING OF ROCK BASS』ですね!あのテクニック、パワーが生み出す凄まじいプレイには感動しました! 途中にMr.BIGの「To Be With You」を挟むなど、そのアイデアも流石です。前列で見ていたファンは口が「ポカ~ン」となっていましたが、その気持ちはよく分かります。僕もステージ脇でビリーを見ていましたが、あのソロを見せられると「ごめんなさい」というしかないですね。

billy.jpg

「King of Bass! Billy!!」 photo by Natalie Bopp

ビリーのソロも大盛況に終わり、残す所2曲になりました。まずはインストのスタンダードであり、僕の尊敬するJEFF BECKの「LED BOOTS」です。この曲はファンキーなリズムとメロディーが最高です。そしてテーマの後は一発コードなので、自由にプレイ出来るのも好きな理由です。先程のビリーに刺激を受けたのか、かなり弾きまくりましたね!キメごとが沢山ある曲も緊張感があって好きですが、こういうフリーになれる曲は最高です!

そして、いよいよラストはあの名曲「BURN/DEEP PURPLE」です! ビリーの友人でもあり、ハリウッドの「CAT CLUB」の名物シンガー&ブッキング・マネージャーでもあるハリーを迎えて演奏したのですが、オーディエンスには大受けで流石は「BURN」だなぁ~と実感しました。皆でコーラスを歌い、とても盛り上がりました!

SabianShow.jpg

「ライブに来てくれた皆、ありがとう!」photo by Natali Bopp

本当に沢山のオーディエンスから声援やパワーをもらい、最高のステージになりました! また次にこのメンバーでライブをする日を楽しみにしていて下さい。

stage2.jpg

「次のライブをお楽しみに!!」photo by Taro Yoshida

toshiyes.jpg

「この顔が全てを物語っています!」 photo by Natalie Bopp

Toshi Hiketa

Toshi Hiketaのサイトはこちら

posted by admin at : 12:41

 

2002-2017 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先