« 第1回:Diamond Dave Tour | メイン | 特別編:NAMM SHOW 2005 - SABIAN PARTY(前編) »

2004年9月10日

第2回:Forth of July with Boston Pops

Ray,Toshi,Todd.jpg

ハッチシェルの前で。左から、レイ.ルジアー、トシ.ヒケタ、トッド.ジェンセン。

皆さて今回のコラムは、今年の7月4日に行われた独立記念日のライブを中心に書こうと思います。皆さんご存じの通り、独立記念日はアメリカの誕生日。全米各地で沢山のイベントが行われました。そしてDLR Bandもボストンの独立記念ライブに参加してボストン.ポップスと共演してきました。ボストン.ポップスは世界的にも有名なシンフォニーオーケストラ.グループで、あの「スターウォーズ」のサントラを手掛けた事でも知られています。

毎年このイベントには約40万人の人々が参加するそうですが、そのスケールの大きさには度肝を抜かれましたねぇ。ボストンの中心地である「ハッチシェル」でリハーサル~本番があったのですが、あのウッドストックを思わせる会場の広さにビックリです。数マイルごとに巨大スクリーンを設置して、ライブ映像を流していたのですが、後ろの方は肉眼では全く見えません。また上空からはCBSのヘリコプターが中継をして、全米各地に向けてライブの様子を放送していました。

さて本番当日、まず最初にビックリしたのがホテルからのポリス.エスコートです。数十台のバイクチームに先導され、行く先の道を全てフリーズさせるのですが、リムジンの中からそれを見ていると、そのテクニックとチームワークに圧倒されました。よくテレビで大統領のパレードなどで目にしますが、実際にその中にいると妙な気分でしたね。そして会場についてから国歌斉唱の後、凄い爆音と共に4機のエアフォース(戦闘機)のデモンストレーションです。あの距離でエアフォースを見るのは初めてでしたが、「よく寸分の狂いもなく飛べるなぁ~」と感心しながら見ていました。何事も規模が大きいのがアメリカですね。

そしていよいよDLR Bandの出番です!「カルフォルニア.ガール」と「ジャンプ」をボストン.ポップスと演奏したのですが、いやぁ~とても感動しました!総勢100名以上のオーケストラをバックにマーシャルでドカーンとやるのは最高で気持ち良かったです!「ジャンプ」のキーボードソロはヴァイオリンとビブラフォンが担当しましたが、とても豪華なサウンドになり、改めて「ジャンプ」の凄さを再確認しましたね。

そして、さすがはデイブ!指揮者のキース.ロックハートの所に歩み寄って一緒に歌い、お得意の「剣の舞」も決まり、いやぁ~かっこ良かったです!!もちろんアドリブの演出だったのですが、やはりミスター.エンターテイナーですね。ライブ終了後には盛大なファイヤーワークス(花火)があり、無事にイベントは終了。しかしこれからがメインイベントです!

Toshi-and-Dave.jpg

ライブ終了後にダイヤモンド.デイブと。7年ぶりに髪を切りました。

1 次会ではオーケストラのメンバーや指揮者のキースと呑んだのですが、いやぁ~皆ロックですね。「お前たちはロックバンドなのだから、もっと飲むだろう!」と逆に酒を勧められるDLRのメンバー達。ジャンルに関係なくミュージシャンは熱くて最高です。キースも今までに沢山のロックバンドと共演した事があるらしく、ロックについて熱く語っていました。またボストンは「レッド.ソックス」でも有名な地で、皆でベースボールトークで盛り上がりました。もちろんボストンで「NYヤンキース」を応援する事はタブーなので、ヤンキース.ファンの僕はひたすら隠すのに苦労しましたね。日本の「阪神ー巨人」のような関係を想像してもらえれば分かりやすいでしょうか?

さて1次会もそろそろ終了して、DLRメンバーはもちろん2次会に突入。なんとデイブも参加してのパーティーになったのですが、これが傑作でした。メンバーの知り合いのバーに行ったのですが、デイブが店に入ると皆が大騒ぎ! DJもデイブの曲をかけまくり、盛り上がりは最高潮!そしてヴァンヘイレンの曲をBGMにデイブが生で歌う、という出来事もあり、バーにいたお客さんには大受けでした。その後もパーティーは朝まで続き、そのまま空港へチェックイン。もちろんフライトでは、メンバー全員が爆睡でLAへの途に着いたのはいうまでもありません。

またまた今回も「飲み会」の話で終ってしまいましたね。次回はHideous Sun Demonsのクリニック.ツアーの事を書こうと思います。
それでは次回をお楽しみに!!
Take care.

Toshi Hiketa

Toshi Hiketaのサイトはこちら

 

投稿者 admin : 2004年9月10日 12:19


2002-2018 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先