« 2004年8月 | メイン | 2005年2月 »

2004年9月10日

第2回:Forth of July with Boston Pops

Ray,Toshi,Todd.jpg

ハッチシェルの前で。左から、レイ.ルジアー、トシ.ヒケタ、トッド.ジェンセン。

皆さて今回のコラムは、今年の7月4日に行われた独立記念日のライブを中心に書こうと思います。皆さんご存じの通り、独立記念日はアメリカの誕生日。全米各地で沢山のイベントが行われました。そしてDLR Bandもボストンの独立記念ライブに参加してボストン.ポップスと共演してきました。ボストン.ポップスは世界的にも有名なシンフォニーオーケストラ.グループで、あの「スターウォーズ」のサントラを手掛けた事でも知られています。

毎年このイベントには約40万人の人々が参加するそうですが、そのスケールの大きさには度肝を抜かれましたねぇ。ボストンの中心地である「ハッチシェル」でリハーサル~本番があったのですが、あのウッドストックを思わせる会場の広さにビックリです。数マイルごとに巨大スクリーンを設置して、ライブ映像を流していたのですが、後ろの方は肉眼では全く見えません。また上空からはCBSのヘリコプターが中継をして、全米各地に向けてライブの様子を放送していました。

さて本番当日、まず最初にビックリしたのがホテルからのポリス.エスコートです。数十台のバイクチームに先導され、行く先の道を全てフリーズさせるのですが、リムジンの中からそれを見ていると、そのテクニックとチームワークに圧倒されました。よくテレビで大統領のパレードなどで目にしますが、実際にその中にいると妙な気分でしたね。そして会場についてから国歌斉唱の後、凄い爆音と共に4機のエアフォース(戦闘機)のデモンストレーションです。あの距離でエアフォースを見るのは初めてでしたが、「よく寸分の狂いもなく飛べるなぁ~」と感心しながら見ていました。何事も規模が大きいのがアメリカですね。

そしていよいよDLR Bandの出番です!「カルフォルニア.ガール」と「ジャンプ」をボストン.ポップスと演奏したのですが、いやぁ~とても感動しました!総勢100名以上のオーケストラをバックにマーシャルでドカーンとやるのは最高で気持ち良かったです!「ジャンプ」のキーボードソロはヴァイオリンとビブラフォンが担当しましたが、とても豪華なサウンドになり、改めて「ジャンプ」の凄さを再確認しましたね。

そして、さすがはデイブ!指揮者のキース.ロックハートの所に歩み寄って一緒に歌い、お得意の「剣の舞」も決まり、いやぁ~かっこ良かったです!!もちろんアドリブの演出だったのですが、やはりミスター.エンターテイナーですね。ライブ終了後には盛大なファイヤーワークス(花火)があり、無事にイベントは終了。しかしこれからがメインイベントです!

Toshi-and-Dave.jpg

ライブ終了後にダイヤモンド.デイブと。7年ぶりに髪を切りました。

1 次会ではオーケストラのメンバーや指揮者のキースと呑んだのですが、いやぁ~皆ロックですね。「お前たちはロックバンドなのだから、もっと飲むだろう!」と逆に酒を勧められるDLRのメンバー達。ジャンルに関係なくミュージシャンは熱くて最高です。キースも今までに沢山のロックバンドと共演した事があるらしく、ロックについて熱く語っていました。またボストンは「レッド.ソックス」でも有名な地で、皆でベースボールトークで盛り上がりました。もちろんボストンで「NYヤンキース」を応援する事はタブーなので、ヤンキース.ファンの僕はひたすら隠すのに苦労しましたね。日本の「阪神ー巨人」のような関係を想像してもらえれば分かりやすいでしょうか?

さて1次会もそろそろ終了して、DLRメンバーはもちろん2次会に突入。なんとデイブも参加してのパーティーになったのですが、これが傑作でした。メンバーの知り合いのバーに行ったのですが、デイブが店に入ると皆が大騒ぎ! DJもデイブの曲をかけまくり、盛り上がりは最高潮!そしてヴァンヘイレンの曲をBGMにデイブが生で歌う、という出来事もあり、バーにいたお客さんには大受けでした。その後もパーティーは朝まで続き、そのまま空港へチェックイン。もちろんフライトでは、メンバー全員が爆睡でLAへの途に着いたのはいうまでもありません。

またまた今回も「飲み会」の話で終ってしまいましたね。次回はHideous Sun Demonsのクリニック.ツアーの事を書こうと思います。
それでは次回をお楽しみに!!
Take care.

Toshi Hiketa

Toshi Hiketaのサイトはこちら

 

投稿者 admin : 12:19

2004年9月 5日

第1回:Diamond Dave Tour

dave.jpg

皆さん、猛暑の中、元気にギターを弾いていますか?
実は先日、日本のライブ&クリニックツアーから帰ってきたばかりなのですが、いやぁ~日本は暑かった!! 湿度がとても高く、毎日がサウナ風呂のような状態でしたが、その代わりに仕事の後のビールは最高でしたね。

さて、第1回目のコラムは自己紹介も含めまして、「Diamond Dave Tour」の事を中心に書きたいと思います。2003年&2004年と続いているツアーですが、色々な所でライブが出来て最高です。全米から始まり、カナダに移動した後は、またアメリカに戻り、日本ツアーの後はUKツアーと、バタバタした1年でした。どの都市に行ってもデイブの人気は高く、「さすが Diamond Dave」といった感じですね。実際にラジオでは頻繁にVAN HALENがリクエストされ、車を運転していると10回はデイブの声を聞きますね。

去年の夏、ヴァンクーバーでライブした時に現地のMTVに出演したのですが、その時は急遽アコースティックで演奏しました。VAN HALENの曲やデイブのソロの曲をやったのですが、とても盛り上がり、特にDJの人達には大受けでしたね。改めてデイブのサービス精神、エンターテイナーとしての偉大さに感心しました。

そうニュージャージーでは、NYメッツの「マイク.ピアッザ」がライブを見に来てくれました。ユニフォーム姿のマイクとはイメージが違い、パーティーではロックキッズになっていましたね。日本のロックバンドも良く知っていて、ラウドネスやEZOの曲を歌いまくっていました。また、野茂さんや新庄さんから教えてもらったであろう日本語を連発し、とてもフレンドリーな人でした。その時にマイクにHideous Sun DemonsのCDを渡し、「もし気に入ったら、打席に立つ時のBGMで使うよ」と言ってくれましたが、さてどうなったでしょうか?

piazza.jpg

ライブ終了後、マイク.ピアッザと野球談話

USツアーの後は待望のジャパンツアーでした。デイブやメンバー&クルーと大阪に着いた時はとても不思議な感覚でしたね。到着後、時差ボケにも関わらず朝まで呑んでいたのですが、やはり大阪は最高です!たくさんの友人達とカラオケ大会になったのですが、座敷の上で歌いまくるメンバー&クルーには笑えました。特にブライアンは日本のポップスにも挑戦していましたが、アメリカの曲を歌う日本人、日本の曲を歌うアメリカ人という構図はとても面白く、最高に楽しい夜(朝?)になりました。その後、ホテルに帰る前にメンバー&クルーと有名なラーメン屋『神座』に行ったのですが、これが大当たりでしたね。「こんなに美味しいヌードルは初めてだ!」「LAでは食べれないのか?」と言われましたが、残念ながらLAでは無理ですね。東京のライブ終了後は、最終日という事もありスタッフの皆さんと全員で六本木に繰り出しました。もちろんデイブも参加してのパーティーでしたが、さすがは豪快なデイブ。デイブのおごりで六本木を満喫する事ができました。

短い期間でしたが、改めて日本の良さを再認識でき、そしてメンバーにも日本を楽しんでもらう事できて最高のツアーでした。また近いうちにDLR BANDで再上陸したいですね!ウドーさん、有難うございます!

その後、LAに戻り少しのオフの後、UKツアーに行きました。スコットランド、イングランド、アイルランドの3か国を廻ったのですが、とても寒かったですね~。イングランドでは生前にジミ.ヘンドリックスが住んでいたアパートや、ポール.マッカートニーが経営するバーを訪れました。流石はロック発祥の地だけあり、たくさんの歴史を感じる事が出来ました。

london.jpg

ロンドンにて、お約束の電話ボックスの前で。

イングランドの後、アイルランドに移動したのですが、ホテルに着くと、驚いた事に周りの人が、昼からギネス(黒ビール)です。僕もつられて呑んだのですが、旨い!の一言です。アメリカではギネスは避けていたのですが、やはり本場のギネスは違いますね。昼間からバーでアイリッシュ.ミュージックを聞きながら(もちろん生演奏)飲むビールは格別でした。そして国民性もあるのでしょうが、UKの3か国の中では一番熱い国でしたね。サッカーもそうですが、自国に誇りを持っている国、という印象を受けました。

こうやってレポートしてみて、改めて「飲み会」の話題が多い事に気付きました。ツアーには付きものパーティーですが、体を壊さない様に頑張って行こうと思います。
皆さんも飲み過ぎにはご注意を!!(僕も気をつけます。)

~Toshi's News~
Hideous Sun Demonsの1stアルバムがマグナカルタ.レーベルより発売される事が決定しました。詳しくは、www.magnacarta.net/artists/hideoussundemons.html をチェックして下さい。
David Lee Roth Bandのスケジュールは、www.toshihiketa.com をヨロシクです。
See Ya & Good Luck !!
Toshi Hiketa

Toshi Hiketaのサイトはこちら

 

投稿者 admin : 12:08


2002-2019 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先