2010年10月20日

第18回 : Gwen Stefani tour - ラスベガス、ネバダ

シアトルからビルボードミュージックアワードに出演する為、眠らない街ネバダ州のラスベガスに到着。この日は移動日で翌日がサウンドチェック。だが シアトルから機材を乗せたトラックが、途中雪で足止めをくらい、また楽器類の一部がサウンドチェックに間に合わない。しかしもう慌てはしない。イタリアでの事も有ってまたか来ないか。。みたいな感じでした。会場は MGM グランドガーデンアリーナ。ここはボクシングの試合などでも良く使われる有名アリーナで、MGMホテルと近接していて徒歩で移動が可能。ボクシングの試合でマイクタイソンがホリフィールドがの耳に噛みつき、引きちぎったのもここの会場でした。(笑)サウンドチェックに出向くと、よく見かける連中がうろうろしている。スティービワンダーなどのバックを努める Rickey Minor のバンド。ギターは Paul Jackson Jr。別のバンドに居たスージー カタヤマ に ストリングアレンジャーの David Campbell を紹介してもらう。その後レコーディングの仕事で一緒になるとは、この時は全然想像してていなかった。ニコル キッドマンの旦那さんでカントリーシンガーの Keith Urban のバンドは、Sheryl Crow がベースとコーラスを担当。前日の夜 MGM のクラブにちょっと呑みに行けば Paris Hilton がご機嫌で踊っていたり、とにかく色んな連中が集まっていてちょっとしたお祭り騒ぎでした。

アメリカンミュージックアワードや、このビルボードミュージックアワード、グラミーアワード、イギリスのブリッツアワード、イタリアでのヨーロッパ MTV アワードなどは、印象が強くてよく覚えている。

当日無事自分達の出番終了直後、ホテルの裏口からチェックアウトしてラスベガス国際空港に直行、ボストン行きのレッドアイ(夜行フライト)で強行移動でした。

P1010122-2.jpg

posted by Makoto Izumitani at : 20:11

 

2002-2017 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先