« 2007年9月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月30日

ゴスペラーズ

ゴスペラーズのチャリティーコンサートを見た。知り合い がやっているNPOの企画で、会場は日本人ばかり老若男女で一杯 になった。
http://elittletokyo.com/Ja/ppage/organization/aurora/

彼らの持ち歌はあまり知らないのでピンと来なかったが、My Girl, Stand by Me, Your Songを歌ってくれたあたりからおもしろくな った。そして結局1番感動したのは、「銀座カンカン娘」のジャズ風アレンジと、観客参加で盛り上がった、美空ひばりの「真っ赤にも〜える〜、太 陽だ〜から〜。。。」とアンコールの「ふるさと」だった。やはり海外在住の日本人はふるさとを歌われると泣いてしまう人が多い様だ。トークもおもしろく2時間以上のステージ飽きなかった。5人のハーモニーとアコギ、ピアノ、パーカッションという構成。和製R&Bというのを堪能できた。
aurora_oct07.jpg

投稿者 admin : 08:37

2007年10月20日

フランスのギタリスト "U-NAM"とMelvin Davis

unam1.jpg
LAの郊外Seal BeachにあるSpaghettiniというジャズクラブに行って、フランスからやってきたギタリストU-NAMを見た。Street Lifeという曲はUS Smoothjazz Charts で3位にまでなりヒットしている様だ。そういえばFM94.7 Waveでよくかかっていた。他にもシンガーのプロデュースなどしている多才な人だそうでこの日も自分がプロデュースしたアメリカの女性シンガーが1曲歌いに来ていた。
u-nam_live1.jpg
既にアメリカでの活動開始している様だが、来年早々にLAに引っ越して本格的にアメリカに拠点をおいて活動するとのこと。ギターも大変上手い! 今後大変楽しみなギタリストである。RC Boosterを絶賛してくれた。ずっとONにしてプリアンプ的に使っている様だ。ミュージシャンの評価高い様で結構ミュージシャンらしき人が多く来てた。
もともとU-NAMを紹介してくれたのは、名ベーシスト、Melvin Davis(メルヴィン・デイヴィス)である。この日も彼がベース担当。相変わらずひょうきんであった。
unam_melvin.jpg
彼のペダルボードにはX-Blender, Robotalk, Bass RC Booster, Tri-logic Bass PreampとXotic Effect Pedalsが目白押し。今でも大変気に入って使って頂いていて大変嬉しかった。
mel-pedalboard1.jpg
Melvin Davisのインタビューはこちらで、映像はこちらで見られる。
melvin1.jpg

投稿者 admin : 09:00

2007年10月14日

Allen Hinds Japan Tour いよいよ関西方面へ!

allen_oct07.jpg
アレン・ハインズのツアーが半分終了した。関東地区で彼のライブを見た人の反応が大変良い。今回同行しなかったことが悔やまれる。。。

17日(水)からいよいよ関西へ移動する。関西のできるだけ多くの皆さんに見て頂きたい。
ライブの日程はこちら
クリニックの日程はこちら

東京のB-Flatでのライブを見た方のコメントを下記に紹介する。

「アレンのライブに行ってきました。昨年に比べて随分気持ちよく弾きまくっていた様子でした。バンドとしてのまとまりも随分良かったと思います。
キーボードとの掛け合いなど、ギター一辺倒でなかったのも聞く側としては飽きずに楽しめて一緒に行ったうちの相棒社員も大喜び。(というかアレンの上手さに驚愕していましたが・・・)アレンの特徴である弾いているのかいないのかわからないような運指と洪水のように出てくる音の数のギャップが何度見ても驚きですが、これだけのギタリストならもうちょっと世間に知れてもいいのに・・・と思わずにいられませんね。」

「前回のライブを聞いて"こんなものか"とレッテルを貼って今回来なかった人はアレンの実力の一部しか知らずにいる。と思わせる演奏でしたし、サポートメンバーも上手い上に目立ちすぎず、でも出るところは出て、1つのバンドとして面白かったです。ギターもアンプもいい音でしたし、すごく良く伸びていました。本当にいい音でした。」

mixiを使っている人は↓でAllen Hinds Communityをチェック
http://mixi.jp/view_community.pl?id=646842

投稿者 admin : 14:11

2007年10月13日

Oz Noy

oz_live.jpg
プロミュージシャンの評価が大変高いギタリスト、Oz Noy(オズ・ノイ)がハリウッドの老舗Jazz Club, Catalina Bar & Grillにやってきた。トリオでドラムはDave Weckl、ベースはJames Genusだった。いつも感心するのは、Ozのライブには必ず凄腕ドラム、ベースが付く。そういうミュージシャンを引き付ける魅力がOzにはあるのだろう。ライブはまずRobotalkの効果音で始まり、エフェクターを駆使した独自のサウンドと変態的な(失礼!)曲とリズム。独自の世界に入る。
oz_pedal.jpg
凄腕ドラムとベースのDaveとJamesもOzの曲で四苦八苦と思いきや流石である。特にDaveは始めてのOzとのライブとは思えないほどの見事なコンビネーションだった。久しぶりドラムソロで感動した。平日だが会場は満員でおそらく多くの観客がミュージシャンの様である。まさにMusicians' Musicianである。Oz Noyは今後目が離せない。11月には日本ツアーをするそうだ。
こちらでOzのライブ映像が見られる。

投稿者 admin : 17:16

2007年10月 2日

Tyler Guitars

プロミュージシャンの評価が高いカスタム・ギター・メーカー、Tyler Guitarsの創始者James Tylerとミーティングを持った。
tyler.jpg
今年は創業35周年となり、また多くのプロミュージシャンが愛用する彼らの名作Studio Elite Seriesが発表されてからは20周年になるそうだ。それを記念してThe James Tyler Signature Studio Eliteというのを限定品で20本〜35本製作されるとのこと。そしてそのサドルにはRaw Vintage pure steel saddles (RVS-108)が採用されることになった。いつもはあまりしゃべらない無口なJamesがこのSignature Studio Eliteについては大変雄弁だった。自分の持っている経験、知識、技術の結集だそうだ。そんな素晴らしいギターに使ってもらえることになったことは光栄で本当に有り難い。期待に沿える様しっかりと物作りの体制を整えて行きたい。
tylersignature.jpg

投稿者 admin : 23:42


2002-2021 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先