« 第14回『2003年の熱初め』 | メイン | 第16回『やっと出ました、シアターの新譜アンド最近の話』 »

2003年3月30日

第15回『近況報告』

さて暫く更新をご無沙汰してしまったのですが、今回は2月3月の報告という事で。まず、2月の半ば、シンガーソングライターの「イノトモ」ちゃんのレコーディングに参加してきました。僕がベースを弾いたのは2曲、イノトモちゃん自身がドラムも叩いており、最近「ザ・東京」で一緒に活動している平泉君がギターという編成でのスローテンポの曲と、平泉君が打ち込みで作ってきたリズムトラックに合わせて演奏、その後日、これまた「ザ・東京」にて組む小島君がドラムを後からダビングしたチョイアップテンポの曲です。ってこれほとんどイノトモ+ザ・東京なのですが、ザ・東京は本人たちの正式なレコーディング以前にこの機会において初のレコーディングという事になったわけですな。このレコーディングは以前コラムに書いたようなコンピューターシステムを全く使わないものだったのですが、やっぱり音質的な味わいが深いような気がしたのは確か。しかも30畳程あるスタジオで録音したのですが、その広さゆえの天然リヴァーブ感とギターとベースの音のかぶり(ギターを録音しているマイクにベースのアンプの音が重なったり、その逆にベースを録音しているマイクに....)がなんとも曲の雰囲気にマッチしており、録音後のプレイバックを聞いた限りではとても良いカンジに出来あがるのでは、と思われます。尚、この録音は夏頃に発売されるアルバムに収録されるようなので、気になった人は買って聴いてみて下さい。

inomoto.jpg
イノモトちゃんと

話は突然全く関係無い方向へ向かわせていただきます。
2月の末に横浜の中華街に行ってまいりました。(すごい飛び方だ)
勿論、中華料理を食べに行ったのですが、何時来ても楽しい所ですなぁ。そして何時来ても何処で何を食べようか迷ってしまいます。下調べをして来れば良いのですが、通りをぶらぶらしながら適当な所で豚マンを買い食いし、適当に料理屋を通りから眺め、「この店は繁盛しとるのぅ」とか呟きつつ沢山ぶら下がっている腸詰を眺めたりしながら、最終的に行き当たりばったりでドアを開けて店員サンのあんまり正確でない発音の「イラッシャイマセぇ」を受けつつテーブルにつくのが楽しいので、いっつも、通りを3往復位してしまいます。あんまり悩んでいてもしょうがないので、なんとなく賑わっていて、ショウウインドウの陳列が惹かれる店を選んで料理を満喫してきました。美味かったです。でもきっと何処の店に入ってもそれなりに美味いんだと思いますけど。
あと困った事に、自宅からそれほど遠い訳では無いこの中華街で、冷やかしに入る土産物屋において、僕は「こんなもん買ってどうすんだ?」といった物をついつい買ってしまう傾向にあります。前回来た時には、40cm×30cm程の襖状の物に書かれた鳥の絵(1200円なり)を買ってしまいましたが、幸い今回は何も買わずに済みました....身近の小さな異国の魔力でしょうか?いやただの物好きですね。

ojisan.jpg
おじさんは知り合いじゃ無い。

さて、最後はシアターブルックに関する話ですが、アルバムの発売もようやく決まり(約3年ぶり!)、3月の16日に都内の某所にてジャケット撮影をして来ました。午前中にスタジオ内でいくつかの写真を撮り、午後からはスタジオからさほど離れていない場所での屋外撮影。あんまりネタばらししてしまうのもなんなんで、詳しい撮影場所や状況説明はしませんけれども、虹の橋のそばで、ライヴ等でもお世話になっている某蝋燭アーティストの協力のもと大変良い写真が撮れた模様。あとは発売後のお楽しみにして下さい。

jakesha.jpg

ジャケ写現場

最後に。とうとう戦争になってしまいました。理由がどうであれ、またその解決の確かな方法を提示出来るか、といえば自信を持って出来ると言えないのですが、人が人を傷つけたり殺したりする事を支持出来ません。僕は絶対に戦争反対です。音楽が争いを引き起こさない力の一つになる事を祈って、今回はこのへんで。


 

 

投稿者 admin : 2003年3月30日 10:05


2002-2019 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先