« 2006年5月 | メイン | 2006年8月 »

2006年7月 4日

7月

6月を通り過ぎて7月に入ってしまった。

6月はなにかと気ぜわしい月だった。京都中心のgigをかなりこなした、最近はBLUES TRIOに女性VOCALが入るスタイルが多い。実は2GUITARのinstがメインのバンドをstartした途端もう一人のguitaristが病気で入院、長期の療養が必要となりこのバンドの活動は延期を余儀なくされた、早い復帰が待たれる。

6/2〜4はボーカルの小林エミさんとDUOで尾道、福山、倉敷でのライブだった。やっぱ旅はいい、久しぶりの中国地方は新鮮だった、勿論食べ物も。DUOといっても楽器は私一人である、JOE PASSみたいになれたら造作なく弾いてしまうのだろうがそうは行かない、backingはまだしもsoloになると後ろ盾がなにもない、吹き荒ぶ風が舞うあばら屋でたきぎしてるような、なんだか変な表現になってしまったがそれほど心許ない状況になるのである。しかし学ぶ事も多かった、あらためて一音の存在感、リズムの重要性、表現法のバリエーションとか色々頭を巡らせながら、演奏に集中出来たのは大いに収穫だった。

そして7/1.2はこれまた山口県徳山と岩国でライブをやることが出来た、徳山にBOOGIE HOUSE という20年以上も続けているライブハウスがあり店主の森永さんは自らもguitarist/singerで活動している。彼が呼んでくれて実現したがbassistは福岡、drummerは広島と集めてのbandであった。骨太なリズム隊はとても良かったが、私が勝手に命名してしまったチョコ森永氏のguitarと歌は半端ではない、年季の入った素晴らしいものである。特に初日のBOOGIE HOUSEのライブは興奮した、お客さんも満員ですごい盛り上がりだった。

徳山をはじめ中国エリアのライブ、是非リターンしたいものだ。

ヒロ・鈴木氏が私のギター・ジムを高く評価してくれて有り難いことである。実践を主眼に置きかれこれ8年ほどやってきたが、最近は生徒の方もよく把握してくるようになったようである。ただ月に2回のスローペースであり、なかなか一気に進めると云うわけには行かない、学校みたいに週4日、25時間のレッスンとか云うのであればプロ養成も面白そうだとは思うが今の私には少々無理な相談である。

ヒロ・鈴木氏の話に戻るが、次回また一緒にやれるなら2guitar をたっぷり味わえるようなsessionを組みたいと思う。

7月は東京のgigが控えている。
月末には知多半島の先端の島、日間賀島での真夏のgigがある、楽しみたい。

shiotsugu_jul06.jpg

塩次伸二の映像はこちら

投稿者 shiotsugu : 01:31


2002-2017 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先