2012年6月12日

2012 上半期。

去年の8月にこのコラムをアップしてから
まったく更新できていなかった、、、。かたじけない!
2012年も早いもので半分がたってしまっている。
年の始まりは恒例になりつつある、ロサンゼルスから!!

2012 年
1月:ロサンゼルスにて世界最大級の音楽業界展示会NAMM SHOW に参加。

   このコラムでお世話になっているProsound Communications のブースへ!
IMG_2761.JPG

このブースの周りには私を含めなぜか名古屋人が多い!Little Tokyo ならぬLittle Nagoya in LA!!

IMG_2815.JPG

   私もベーシストになった気分で!横の人は本物のベーシスト、一本ここでお買い上げ、、、してゆきました。

IMG_2813.jpg


   ロスの人気番組Jimmy Kimmel Show でレギュラーギタリストで活躍中のTOSHI YANAGI さんに遭遇!このサイトでもコラム執筆中です。
400509_3203300646492_1788030745_n.jpg


   こんなギターが日本から出展されていました。KABUKI FACE!!!

IMG_2767.jpg

   個人的に気になるこのパーカッションブランド Tycoon。ラテンパーカッションに興味のある私は今後もチェック!

IMG_2784.JPG
   
   そしてもちろんロサンゼルスといえば美しいビーチ。これははずせない!1月なのにこんなに海の近くに行けるなんて(泣)
   移住したい、、、なんてついつい思ってしまうがこのビーチの名前は"マンハッタン"ビーチ。NYから逃げられませんな。

IMG_2832.JPG

ニューヨークのトップを争うベーシスト Pete Donovan and Steve Millhouse によるベースデュオのライブ演奏も大盛況。
元ヤンキースのBurnie Williams の来場もあり、今年もベースデーイベントにぎわいました。

IMG_2834.jpg


4月:Small Concert at Amber in West Village

544750_3922368982751_1342290916_n.jpg

Shiori Shinohara con Dos Huevos (with two Eggs)というトリオ名がやたら会場でウケたので、正式に決定。
ベースのSteve Millhouse もXOTIC のエフェクトペダルを使いまくりでご満悦。
英語、日本語、スペイン語(メンバーのそれぞれの母国語)3カ国語で歌えたのがすごく充実感があった!
スペイン語は実は日本人にとって英語より発音しやすい、てのが発見だった。
今後もワールドミュージックを取り入れたアレンジメントを増やして行きたい。 



5月:Randy Brecker "POP" at Blue Note

IMG_2849.JPG

ともかく、ランディーブレッカーをはじめ、メンバーがすごい。Kenny Werner(P), Adam Rogers(g), John Patitucci(B), David Sanchez (t.sax), Nate Smith(dr), Amanda Brecker(vo)という豪華メンバー。
ランディーが過去にレコーディングをサポートしてきた大物ミュージシャンの曲をランディーのアレンジで披露。
Steely Dan, James Brown, Blood Sweat and Tears など。
なかなか興味深かった。個人的にJohn Patitucci のベースが非常にSolid で印象的だ。Kenny Werner のピアノも繊細で奥深い。


5月28−30日 XOTIC BASS DAY in New York


今度はロサンゼルスからProsound Communications のクルーがニューヨークにやってクルー。(Oops, sorry!)
また今度はNYでLittle Nagoya が繰り広げられ、名古屋弁が Michiko Studioにて飛び交う。

xoticday_ny_2012_day2.jpg


IMG_6927.JPG

IMG_6964.JPG

ニューヨークでトップを争うベーシストPete Donovan & Steve Millhouse 氏によるベースデュオライブも
大盛況でした!

IMG_6914.JPG

その日の夜は、スタッフの皆様とブロードウェイミュージカル"GODSPELL"にて取材。

godspell4x5jpg1.jpg

WICKED の作曲家で有名なStephen Swarltz の早期の作品で、70年代からのリバイバル作品。
イエスキリストとユダとその仲間たちの寓話を現代風に表現しており
20代前半のフレッシュなキャストを起用し、エネルギッシュなショー。
クリスチャンでもなければ聖マタイ伝など聖書を読んで育っていないので、細部までしっかりストーリーを
理解することはできなかったが、若いエネルギーをもらい元気になれる。
またアジア系、アフリカ系、ラテン系など白人以外のキャストも多く、バラエティに富んでいる。
音楽もFolkyなロック調で、典型的なブロードウェイショーでなはいところもポイント。
円形劇場でどの席に着いても眺めは良い!
今後の当キャストの活躍に注目したい。

ユダ役のWallaceと。
IMG_2707.JPG


6月:6/29(金)に歌いますー!

NPO 団体のパーティにて、歌わせていただきます。

Rk4Ek_lg.jpg

http://www.nydevolunteer.org/activities/2012/20120629_e.html

では、また近々アップデート(今度こそ)させていてだきます!

Best Regards,

Shiori Shinohara

posted by shiori at : 18:44

 

2002-2017 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先