Raw Vintage Pure Steel Saddles

 

The Brand New Saddles with A Look & Sound of Vintage!!
製造から数十年が経っているヴィンテージ・ギターは、パーツなどの消耗品は機能性に問題が生じてきます。これによりパーツの交換が必要になった時に多くのヴィンテージ・ユーザーの皆さんが恐れるのは、パーツを変えたせいで音色がガラリと変わってしまう事でしょう。
*使用するギターにより2種類のサイズを用意しています。
RVS-112 (11.2mm / 0.441 inch Pitch Fender USA)
RVS-108 (10.8mm / 0.425 inch Pitch Japanese&foreign) 

定価:¥7,000/set(税込み:¥7,350/set)
オンラインストアで購入できます。

リイシューサドルの硬度は部位によりバラツキがあり、ヴィンテージの物とは性質が異なります。更にメッキの美しさを優先するために銅を下地に塗る事が多く、音に大きな影響を与えています。Raw Vintage Pure Steel Saddleは、現在得られる中で最もヴィンテージに近い素材を使用することで硬度のバラツキを解消し、ニッケルメッキを直に施してよりヴィンテージのサドルに近づけました。もちろん現行品リイシューギター等にリプレイスメント・パーツとしても使用が可能で、ヴィンテージを所有しない方も、より本物に近いその性能を堪能出来ることでしょう。

Raw Vintage pure steel saddlesは、商品開発、設計に当たり、チタンパーツでおなじみのKTS Musical Products Inc.に多大なるご協力を頂きました。

You can go as raw as you want. Because now there's Raw Vintage.
イモビス、オクターブビスは最も使い易く、経年変化の少ないステンレススティールを使用。あえて鳴りや形、コストの面だけに依存せず、エレクトリックギターのパーツとしての役割を損なわないようこだわった製品であり、ヴィンテージ・ライクな方々には納得していただける事でしょう。

ユーザー情報トモ藤田
「ヴィンテージ・ギターの良さって何でしょうか? 枯れているサウンド。これは、耳にカンカンするブライトなサウンドではなく、心地よく音の抜けの良い自然なブライトさ。ウオームなトーンとは、ただ低音、ミッドが濃くモコモコするトーンではなく、これも自然にクリアーな低音がネックのからボデイー全体に響くトーン。体で感じる、言葉で良い表せない気持ち良いサウンドです。 "Raw Vintage" のサドルは、ヴィンテージの自然な気持ち良いサウンド、良いトーンを純粋に求めたパーツやと思います。僕のギターの美味しい部分。気持ち良い低音、きれいな高音が自然にこのサドルによって出てると思います。またまた良いもの発見させて頂きました。今ギター弾く事にさらにエンジョイしてます」トモ藤田(連載コラム
「ボストンギター道場」

2002-2017 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先