« 第310回 : 久しぶりに引っ張り出したレコードのブルース | メイン | 第312回 : 歩き続ける日々のブルース »

2020年4月15日

第311回 : ピラニア通りのつきあたりのブルース

2020.4.15t.jpg

4月1日
朝起きて外を見るとそれほど強くはないが雨が降っている。ジムに行くつもりであったがやめておこう。自宅でブログを更新したり東映チャンネルで76年のテレビドラマ「大非常線」を観たりして過ごす。気がつけはもう5時ではないかと冷蔵庫を開けて缶ビールを取り出す。
2020.4.1.jpg

4月2日
ジム。ジムは名指しで危険とされていたがガラガラで電車の100倍は安全と思える。ブクロ北口(今は西口扱いらしい)の電子タバコ専門店でどういうわけかマスクが売っていた。3個まで買えるとの事なので買わせていただいた。スタジオに入りコレプリプロ作業。だいぶ進んだ。

4月3日
ポッドキャストの収録で外苑前まで。電車に乗るのは気が進まないが仕方ない。マスクにサングラスと自分なりに最大の防御をしてライドオン。収録で会議室を借りている出版社も在宅勤務のようでほぼ無人。よって会議室のドアを開けっ放しで収録。風通しが良い方がなんとなく安心である。終えて帰宅。

4月4日
引きこもりな土曜日。amazonでエアロスミスのBlu-rayをポチる。酒と音楽の日々になりそうである。

4月5日
昨日に続き引きこもり日曜日。夕方になったので缶ビールをプシュ〜。

4月6日
エアロスミス到着。夜一杯やりながら観るとしよう。
2020.4.6.jpg

4月7日
雨が降ったり強風の日が何日かあったのに桜が元気だ。さすがにもう葉桜だがこの感じも大好きなり。今年の桜には強さを感じて感動する。先日SNS上で昭平にお願いした絵が届いた。あまりの速さと額装までしてくれている事に大感謝。ありがとう。これはDUSTに飾ってみんなに見てもらいたい。夕方からのみスタート。ストーンズのBlu-rayを観ながらの酒はやたらと美味しい。
2020.4.7~1.jpg

2020.4.7~2.jpg

2020.4.7~3.jpg

4月8日
天気が良い。太陽を浴びないとよろしくないと思い近所を散歩。あと一ヶ月もこんな生活が続くと思うと憂鬱というより想像がつかない。シャワーを浴びてエアロスミスのライブを観たりして午前中は終了。チンラを食べてギターなど弾く昼下がり。amazon primeで「不良番長 練鑑ブルース」69年。いいね。
2020.4.8.jpg

4月9日
今日も天気が良い。せめてもの救いだ。こんな状況での雨や曇り空はやりきれない。が、そんな日もあるであろう。覚悟しておこう。夜やついくんのインスタライブにお邪魔する。おしゃべりと2曲ほど歌わせてもらった。楽しい時間だったしライブがなくて会えないみなさんともつながれて良かった。

4月10日
買っておいた「偶然の殺意」を読み始める。こういうタイプの小説は読み始めたら最後一気に行ってしまった。浅草が舞台なのも良かったがジョニ黒が重要なブツとして出てくるのが最高だった。
2020.4.10.jpg

4月11日
太陽を浴びに外へ出る。原宿駅に残っていた古いホームがなくなってしまい目白駅に残っていた古い部分はどうなっただろうと心配になった。見に行ってみると新しくエレベーターができていてなくなっていた。ほんの少しだけ記念に残してあったが残念無念。そんな事から今日はどのくらい昔が残っているか意識しながら散歩してみた。いつもならあまり行かない住宅街に入ってみた。大げさに言えば小学生の頃友達の家に行く時くらいしか通らなかったようなあたりだがそれでも当時の景色ははっきり覚えている。半分くらいは変わってしまったが当然だろうな。天気がいいからか前向きに受け止める事ができた。明日は天気が悪いとの予報。また天気がいい日に次の区画に潜入してみたい。信ちゃんからSNSのうたつなぎがまわってきたので弾き語りの動画を撮ってアップした。
2020.4.11~1.jpg

2020.4.11~2.jpg

4月12日
今日の午前中も昨日と同じような動きで散歩と買い物。あとはもう家にこもる。

4月13日
ひどい雨。こんな日は外に出たくないので家にこもる事を正当化できる。それにしてもこのコロナな日々はいつまで続くのだろうか。もう元には戻らないのだとしたらどうなってしまうのか。大きな局面に立ち会っているのかもしれない。いやきっとそうなのだろう。

4月14日
先日の散歩の続きで久しぶりの住宅街に入ってみる。この前の隣の区画。こちらは変わりまくり。見覚えのあるのは古いアパートと公園と立派なマンションのみ。中学の頃流行っていたadidasのウインドブレーカーを着て友達とこのあたりを歩いたのを思い出した。全然風通すじゃね〜かよとかしゃべっていた。多分77年の冬。ブラフマンのKOHKIからSNSでのリフつなぎというのがまわってきた。なるほどギタリストはリフでやっているのか。早速動画を撮ってアップした。何にしようかと考えた末みんなが知ってそうなディープ・パープルのスモーク・オン・ザ・ウォーターをアコギで弾いた。本を読んだりYouTubeを見たりしていたら夕方のいい時間になったのでハイボールから始める。引きこもり生活も慣れたと言えば慣れたがあまり慣れたくない。
2020.4.13.jpg


投稿者 kotaro : 2020年4月15日 12:58


2002-2020 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先