« 第78回 : 彼女は悪くない | メイン | 第80回 : 晴れた日のビニール傘 »

2009年10月 1日

第79回 : 通りすがりの恋

20099.t.jpg

9月15日
ちょい寝不足で二日酔い気味だがジムに行って走る。10分位で調子が出て来てスピードを上げて絶好調。汗だくで終了して酒も完全に抜けた。今日はビザールメンのライブだが入り時間が遅いのでゆっくり昼寝を決める。4時に家を出発。会場の下北沢のシェルターはビザールメン2度目の登場。今日はなぜかメンバー全員リーゼントにする事になっている。大昔ラママでキャロルのコピーバンドをやった時以来のリーゼント。視界がいいな~。演奏もしやすい気がする。楽しいステージを終えて会場近くの居酒屋で軽くのむ。かたずけに再び会場にもどりなんとなく二次会のような感じでゆるくのむ。11時半過ぎにタクシーでブクロにもどる。雨がひどくなってきたのでしょうちゃんの店によってのみながら様子をみるが雨はやる気まんまん。あきらめて濡れて帰る。リーゼントも濡れてたれてきた。ポマードが目にしみる。
2009.9.15.jpg

9月16日
夕方プールで泳いでからピロウズの武道館公演を観に行く。嬉しかったな~。同じバンドマンとしても嬉しかったし友人としても感動的だった。彼らはどんな時もこびを売ったりしない。ただただつらぬいてきたら武道館だったのだ。それがたまらく嬉しい。愛に溢れた客席も素敵だった。終演後楽屋に行く。ビールをすすめてもらったが遠慮した。なんだかひとりでのみたい気分だったのだ。ブクロにもどり祝杯をあげる。ピロウズのメンバー、スタッフ、ファンのみんなにとってもいい夜だったと思うが私にとっても素晴らしい夜となった。
2009.9.16jpg.jpg

9月17日
ボクシングの練習。今日はA級ボクサーがマスボクシングの相手をしてくれた。向かい合ってみるとさすがに迫力あるな。ありがとうございました。あいかわらずビートルズを聴きまくっている。MONO BOXに入っているMono Mastersがすごく良くて「Hey Jude」がもう大変。歌い出しを聴いた瞬間鳥肌がたった。まさに子供の頃聴いた「Hey Jude」だった。当時はアナログではあったがステレオで聴いていたはずなのにのに印象が同じだったな。これホント。思わず涙が出そうになった。こりゃ宝物だな。夕方からいつものやきとん屋でのむ。最近酒が弱くなったな。あたりまえだけど。
2009.9.17jpg.jpg

9月18日
ジムでRun&Run。ちょっとかったるかったが行ってよかった。昼飯を食べに入った店のご飯がイエスタデーライスで激しく臭い。とても食べれたもんじゃないのでおかずだけ食べて店を出る。もう来る事はないだろう。今夜は啓治君とのむ事になっている。明日の永ちゃん@東京ドームの前祝いだ。夢を語り合った高校時代。今はお互いの仕事の事なんかを話しているのだから不思議というか・・・酔ってしまえば永ちゃんの話ばかりだったが。それにしてものみすぎた。
2009.9.18jpg.jpg

9月19日
永ちゃんの東京ドーム公演に行く。それにしても今日は古い曲をたくさんやったな(ラストナンバーは予想的中)。新譜からは3曲だけだしここ最近の曲はほとんどないに等しい。我々オールドファンは今日のライブに参加しながら大昔の自分から今の自分までを振り返る事ができた。極上の時間をプレゼントしてもらえた。しかも啓治君と観ているというのがロマンを感じるな。そういえば私の後ろの席に星野仙一氏が座っていて取材なのかカメラが回っていた。位置関係上彼のアップを撮っている時以外は私も映っているだろう。う~む・・・。終演後ブクロに戻りのむ。二日酔い覚悟で今日はのもう。
2009.9.19.jpg

9月20日
久しぶりにチャリで中野のパトロールに出かける。お祭りでなんともいいムード。いい天気でチャリが気持ちいい。ブロードウェイなど物色してから街並をゆっくりと味わいながら帰る。夕方から「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」を観に行く。映画館にマナーの悪いヤツはつきものだが上映中に携帯を開いて見ているのにはあきれはてた。肝心の映画はとても楽しめた。このシリーズは謎をひっぱられたままだったのでそれが解決しただけでもさっぱりした。
2009.9.20jpg.jpg

9月21日
人生の休日

9月22日
先日ビックカメラで遭遇した「ダダマニア」という小さなフィギアが気になってしかたがない。やはり買いだったか。まぁ、そのうち。しかし気になるな。13時からメロン記念日と対談。これはロフトが発行している「ルーフトップ」というフリー雑誌用。流れで今度出演するメロンラウンジの打ち合わせ。早めに終わったのでジムによって走る。この連休はのみすぎでたるんでいたが走りは絶好調であった。5時前にジムを出ていつものやきとん屋へ。今日は以前よく行っていた今はなき焼き鳥屋のマスターとのむ事になっている。もう20年のつきあいになるのか。早いね~。途中でやはりその店の常連だったIさんも合流。ついついペースがあがってしまいまたもやのみすぎた。失敗。
2009.9.22.jpg

9月23日
早くも肉まんを食す。まだ、サンマも食べてないのに。だいたい肉まんなんて冬のアイテムだろう。でもいいや、大好きだし。まだまだビートルズのMONOばかり聴いている。今日はホワイトアルバムを流していたのだが久しぶりにいつもはとばしてしまう「Revolution9」を通して聴いた。これをきっちり聴くと次の「Good Night」が実にいいね。しかしホワイトアルバムもMONOは凄い。シルバーウィークというらしい連休も今日で終わり。連休などの最後の日は夜の街もさびし気でなんとも好きだ。よってのみに出る。
2009.9.23.jpg

9月24日
ボクシングの練習に行く。シャワーの時少し寒いなと感じる。ほんのひと月前では考えられなかった事だがもう少しでこれが激寒に変わるわけだ。お~、恐い。

9月25日
ジムで走る。本日も快調だった。私の観たい映画がマニアックなのかTSUTAYAにない事が多くなりすぎたので同じTSUTAYAの宅配レンタルDISCASに入会した。こちらにはあるぜゴロゴロと。ただ順番待ちも多いので空いているタイトルからさっそく2本注文しておいた。本日到着したので午後はゆっくりと鑑賞。「Rockers」という東京ロッカーズのドキュメンタリー。なんとも懐かしい。たまに映る街の様子とかは60年代よりも昔な感じがするのはなぜ?リアルに知っているからかな。東京ロッカーズというと新宿ロフトのイメージだったが渋谷の屋根裏での演奏が多かった。屋根裏が入るビルの屋上も映っていてこれまた泣けた。
2009.9.25.jpg

2009.9.25~2.jpg

9月26日
5時起き。早いでしょ。だって沖縄に行くんだも~ん。本格的にさらば夏をするのだ。早めに着いてプールで過ごしたいのだ。昼前に到着したのでお気に入りの担々麺を食べてからホテルにチェックイン。さっそくプールへ行く。空は秋っぽいのだがやっぱり真夏だしよく分からんが最高の気分。夜はステーキを食べに行く。ワイングラスが泣かせるデザイン。前回の沖縄と同じパターンだが食事の後ホテルのバーに移動して黄昏れる。
DSCN2441.jpg

2009.9.26.jpg

2009.9.26~1.jpg

2009.9.26~2.jpg

9月27日
空港で甘味どころを発見。まさかのラストかき氷再び。ここはやはりマンゴーで行くのが気分だ。おいしかった。機内では仮眠にも成功。ブクロに戻るとふくろ祭りで盛り上がっていた。西口公演でビールでものもうと思っていたのだが凄い人だったのでいつものやきとん屋に避難する。途中でしょうちゃんとオモリングが合流。ラモーンズのコピーバンド「オモーンズ」のリハーサル帰りらしい。さて今日は早く寝よう。
DSCN2472.jpg

9月28日
ジムでRun Run Run。絶好調。久しぶりに東池袋の大勝軒でラーメンを食す。ここはけっこう味にブレがあるのだが今日はメンマの感じが違う。メンマの味付けが違うなんてのは初めてだな。量も少ない。嫌な予感。メンマから手を抜き始めてダメになったラーメン店を何軒も見ている。他はおいしかったしさすがにここの大勝軒は大丈夫だとは思うが。家に戻りポストを開けると文藝春秋から定期購読の案内が来ていた。何年か前に文藝春秋を定期購読していた事があるのだがなぜにこのタイミングでと思って見てみた。もう一度定期購読いかがですかというキャンペーンだったのだがそのタイトルがいい。”おかえりなさい”キャンペーン。なんて事ないコピーだがこれはうまいと思う。なんだかジーンとして申し込みたくなる。まぁ、昨日も空港で文藝春秋を買ったわけだしここは”ただいま”と定期購読しようと思う。
2009.9.28.jpg

9月29日
ボクシングの練習に行く。8時過ぎの電車に乗ったので激混み。いやいや。昼飯に煮魚の定食を決めてから家でいろいろ。ギターでの確認作業以外の時はBGMであいかわらずビートルズのリマスターをかけている。大事に扱いすぎているせいもあるが紙ジャケは盤を取り出すのがけっこう面倒くさい。しかしこの面倒くささこそがアナログで育った者を燃えさせるのである。しかしこの紙ジャケほんとに良く出来ている。折り返しの部分とかぬかりなし。完璧である(ちなみに日本製)。

9月30日
走りまくりの日々。本日も決めた。今日は雨が降っている。ジムの後は家でギターを持って確認作業。明日から10月だってさ。びっくりするね。普段間食はあまりしないのだが昼飯の時間が早すぎたせいか小腹がへった午後2時50分。先日気まぐれで買ったブタメンという小さなカップラーメンを食す。ううむ。嫌いじゃない味。もっと駄菓子屋っぽい味を想像していたがけっこう本格的なカップラーメンで駄菓子度は30%。具がないのがこの場合いいね。また買っておこう。

投稿者 kotaro : 2009年10月 1日 11:39


2002-2021 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先