« 2004年1月 | メイン | 2004年4月 »

2004年3月18日

第14回『超常現象のギタリスト(意味なし)』

P1010048.jpg

2月×日
先日雀荘で隣のテーブルの男が出前をとって食べていたチャーハンがやけにうまそうだった。そんな思いもあってか本日の昼飯はリハーサルスタジオのそばにある中華屋でチャーハンとした。いやー、これがしょっぱいのなんの。味濃いめを好む私がしょっぱいのだから普通の人が食べたら午後は水飲みっぱなしだと思う。しかしこれが通常の味とは思えない。ぜったいに塩の量をまちがえたのだ。しかもとりかえしのつかないくらい。

2月×日
テレビのニュースでしきりに吉野家最後の牛丼的な事をやっている。
実は私も夕べ一発決めておいたのだ。卵を投入するか、かなり迷ったがいつも入れていたのだからと投入決定。しかし各店の最後の客がテレビカメラを前に食べさせられていたがこの場合卵は入れにくいだろうな。有楽町店の店長が男泣きしているのを見てもらい泣きしてしまった。この有楽町店私も好きであった。

2月×日
あたたかい。2月だというのにTシャツになって散歩してしまった。
うれしいぞ。

3月×日
ブクロ麻雀デイ。本日は諸事情により昼から夕方5時半まで。
今日はやたらと配パイがいい。しかし延びがわるけりゃ仕方ないというもの。
終了寸前までなんとかトップを走っていたがE君の親万ダブルで2位に転落。
いや~、麻雀は面白いね~。
酎ハイがうまい夜。

3月×日
今回ギターマガジンのギターコンテストにおいて最終審査員という大変な事をやらせていただいている。
一次、二次と通過してきた作品が数曲届いた。
審査員というよりまずは楽しんで聞かせていただこう思い聞きはじめたがどれも発狂寸前のうまさでびっくり。こんな中からグランプリを選ばなければいけないんだから大変。とにかく真剣に取り組みたい。昨日から何十回も聞きまくっている。

3月×日
酒場研究のひとつとして十条に遠征。このところお気に入りの店がある。
ここにはサッポロのラガーがおいてあってこいつがたまらない。
ふきの煮物をつまみにこいつをあおれば最高の気分になれる。
おり酒もおいてあってうまくて困るが飲み過ぎて撃沈するので控えている。
控えているといえばなぜかチャーシューめんも控えている。なぜだ?

3月×日
ジョン・レノン、ジョージ・ハリスンと一緒にスケート・ボードで遊ぶというゴージャスな夢を見た。素晴らしい。
中学の時原宿までスケート・ボードをやりにいったら新沼謙治に会った事がある。そんな事を思い出した。

3月×日
毎年この季節になると村上春樹のファミリーアフェアーという短編が読みたくなる。なぜだか全然分からないんだけど読みたいんだからしょうがない。しかし春というのはいいね。この年になってもなんか出発的な気持ちになる。今年はゆっくり花見したいな。

sushiya.jpg
なじみの寿司やでなごむ筆者

(コータローさんのインタビューはこちらです。)
(コレクターズのサイトはこちらです。)
(コータローさんの映像はこちらです。)

投稿者 admin : 11:51


2002-2017 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先