« Kenny G | メイン | NAMMショー »

2010年12月16日

Xotic Day in Los Angelesの結果

band-all.jpg

LAの南の郊外住宅地にあるAlvas Musicという楽器店兼ショールームで、12月12日(日)に、Allen Hinds, Kirk Fletcher, Travis Carltonなどのプロミュージシャンのコンサート、ギター・クリニックを開催した。前のブログにも書いたが、このイベントには特別の思い入れがあった。

当日、ミュージシャンの何人かが時間間違えてリハーサルが全くできなかったことなど不測の事態が相次ぎ、また日曜日ということもあり観客の出足が悪く、一時はどうなることかと思った。でも最終的にはAlvas Music側のスタッフ、うちのスタッフ、ミュージシャン皆が一丸となってまとまり、観客も一杯になり大変盛り上がった。ミュージシャン、オーディエンス、楽器店、ライブハウス、機材メーカーの皆がハッピーになるイベントとして、良い前例が作れたと思う。今後の展開が楽しみだ。

alvas-allen.jpg
Allen Hinds(アレン・ハインズ)のギタークリニックは終始リラックスした雰囲気だった。ギター奏法のコアな質問から、演奏する時の基本的な心構えに関する質問まで出て、時間オーバーして中身の濃いギタークリニックになった。USC(University of Southern California)のSchool of Musicの大学教授兼音楽プロデューサーとその生徒達も来てくれて、アレンとの質疑応答は盛り上がった。Xotic Guitar XS-2のトーンの良さにも質問が飛び交った。

その後、Phunkalotapus (Kirk Fletcher-gtr, Travis Carlton-bass, Gene Coy-drums, Dennis Hamm-keys)にAllen Hindsが加わったスペシャルバンドのコンサートとなった。このメンバーでの演奏は初めてで、残念ながらリハーサル、サウンドチェックが全く無しのぶっつけ本番だったので心配だったが、流石である。それぞれのミュージシャンの持ち味が発揮され新鮮なライブとなりオーディエンスを最後まで唸らせた。

kirk-allen.jpg
KirkとAllenによるギターの掛け合いは圧巻だった!

alvas-travis.jpg
Travisのベースはいつもの通り安定して、良いグルーブをドラマーのGeneとキープしてくれた。Xotic Bass XJ-1T 5-stのサウンドも良かった。

alvas-gene.jpg
Geneのドラムは最高だ。前にいるミュージシャンは大変気持ちが良いだろう。

alvas-dennis.jpg
急遽助っ人として駆けつけてくれたDennis Hamm だが、彼が大変良かった。今後ちょっと注目したい。

alvas-kirk.jpg
やっぱりKirk Fletcherは素晴らしい! 見る度に好きになるギタリストの一人だ。

photo by Shu Kitada

投稿者 admin : 2010年12月16日 13:24


2002-2021 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先