« Xotic Day in Los Angelesの結果 | メイン | Chuck Rainey »

2011年1月27日

NAMMショー

booth.jpg
今年もアナハイムで開催された楽器展示会、NAMMショーに出展した。世界中が不景気ということで心配したが、うちのブースは大盛況だった。多くのミュージシャン、バイヤーが世界中から来てくれた。特に今回おもしろかったのは、中南米、中国、アジア諸国、中近東など今まで取引きの少なかった地域からの訪問者が多かったことだ。アメリカ、日本、ヨーロッパは不況だと暗い話が多いが、こういう伸び盛りの新しい地域の人たちと話していると元気が出る。我々のビジネスは、世界視野になればまだまだ潜在需要は多くあると勇気づけられた。またブースに来てくれるミュージシャン達の感謝、励ましのエールには涙が出そうになる。今年も皆さんの期待に応えられる様頑張ります!
outside.jpg

travis.jpg
Travis Carlton(今年はお父さんのLarry Carltonとのツアー、Scott Hendersonのツアーなど引っ張りだこ)

session.jpg
うちのブースではすぐ初対面のミュージシャン同士でセッションになってしまう。いつもの通り、NAMM事務局からは音を出し過ぎと警告されてしまう。ただ、なかなかミュージシャン同士で盛り上がっているのを止めるのは心苦しい。。。

rob-bal.jpg
New York在住の名ギタリスト、Rob Balducci

pedals.jpg
XoticとEWSのペダル商品群。ずいぶん種類が増えた。

nili.jpg
Boston在住の女性ギタリスト、Nili Brosh

john_steve.jpg
LA在住ベーシスト、John PenaとNY在住ベーシストのSteve Millhouse
どちらもXotic Bass愛用者で、NAMMショーのうちのブースで会って親交を深める。うちのブースで、こうして年に1回世界中のミュージシャンが会って仲良くなってくれるのは本当に嬉しい!

johhny-hiland.jpg
Nashvilleの盲目の名ギタリストJohnny Hiland 彼のギターのトーンとテクニックにはいつも感激する。

jeff-kollman.jpg
Jeff Kollmanもうちのペダルがお気に入り。乗りに乗ってブースで素晴らしいギタープレイを披露してきうれた。人垣ができて案の定NAMM事務局から警告。。。

javier.jpg
コロンビアの人気ギタリストJavier Serrano Xotic Guitarをかなり気に入った様でしばらく離さなかった。中南米では圧倒的人気を誇るギタリストだ。

eric-gail.jpg
メンフィスのブルースギタリスト、Eric Gales 迫力あるギタープレイであっと言う間にうちのブース周りは大混雑。またまたNAMM事務局に叱られる。。。

booth2.jpg
ブースのペダル説明テーブルの前は常に人垣ができていた。

andy_andy.jpg
NashvilleのAndy WoodとDallasのAndy Timmons
超人気者の2人は大の仲良しとなった!

alen_yuya.jpg
Allen HindsYuya Komoguchi
3月のアレンの日本ツアーが決まり、2人の共演が日本の各地で見られる。
詳しくはこちらへ

photo by Shu Kitada

投稿者 admin : 2011年1月27日 16:35


2002-2021 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先