« 2001年10月 | メイン | 2001年12月 »

2001年11月19日

第五回:Trans-Siberian Orchestra との契約

このコラムの締め切りが迫って来てたある晩、夜明けから下書きを書き始めて6時だったかな、眠くなったのでソファーでそのまま寝てしまい熟睡してた中、9時半位だったと思いますが 何か留守電から声が聞こえるな、っと思っていたら札幌の母からでした。
「あんた大丈夫かい、今度はクイーンズで飛行機が落ちたよ。」との事で、えっと思って即座にカーテンを開けると今度は南東の方角にはっきりと煙が見えてしまいました。 肉眼で見るのもこれで2度目。 どうも今回は事故っぽいですが、何か物騒な世の中になって来てしまいましたね。 NYにいると炭疽菌の事も含めて、ほんとにそう思ってしまいます。
前置きはこの位にして、ここ最近年末に向けて曲を覚えるのとリハーサルの日々が続いています。
事の発端は、この夏に自分のデモCDを送っておいた事務所からオーディションがあるから来てくれないかというもので、1次オーディション、2次オーディションと何のオーディションか分からないまま(聞けば良かっただけの話しですが)受けて、結構良い感じで叩けたので、何かあるんじゃないかと思っていたところ数日経って事務所から電話があって、そこでやっと全てが分かった次第です。
Trans-Siberian Orchestra というクリスマスロック(ロックオペラ)バンドの年末のツアーのバックアップドラマーを探していたらしく、契約してほしいとの事でした。
http://www.trans-siberian.com
僕もぜんぜんこのバンドの事を知らなかったのですが、ATLANTICからCDも出ているし、バックアップといっても契約内容が良かったので、チャンスにもなるしもちろん契約しました。 数日で20曲以上覚えなくてはならず、クラシックの曲も数曲あってカミさんに 「この曲知らないの。」 っと
バカにされもしましたが何とか覚えて、現在S.I.R Studios でリハーサルの日々を送っています。
サンクスギビングから年末まで何かあったら直ぐ現地に飛んでプレーしなくてはならないポジションにいるので、この時期あまり派手にニューヨークでのスケジュ-ルを組めないのも確かですが、まあどうにかなるでしょう。 本メンバー、バックアップメンバー共に非常に良い感じで仲良くなれて、新しい人脈が一段と広がった感じです。 数人のメンバーからは「お前の方が.......」っと言ってくれるのですが、今回はね。 先に決まっちゃってたものはどうしようもないから。 とはいえ、こんな感じで楽しくやっているところです。 短かめですが今回はこの辺で。それでは又次回。

投稿者 admin : 08:30


2002-2020 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先