Guitar Shop Z's


東京都杉並区

店長 加藤さん

JR高円寺駅から徒歩8分、懐かしい温かみの有る商店街を抜けた所にある、Guitar Shop Z's、巷の大型量販店には無いここだけのこだわりの有るお店との事で色々とインタビューしてきた。

PCI:まずはお店の事についてお聞かせください、Guitar Shop Z’sを開店したのはいつになりますか?

加藤:2007年の11月です。もうすぐ3年になりますね。それもちょうど11月の楽器フェアの日でした。午前中楽器フェアに行って、今日から開けますと挨拶して回りました(笑)

PCI:加藤さんは以前はどうされていたのですか?

加藤:ある大手レンタル機材会社の社長が兼任して経営している会社に働いていました。そこはレコーディングなどをしている会社で録音エンジニアをしていました。その後一旦辞めたのですが、またその会社で新しい事を始めようという事で、Guitar関係の機材、エフェクターを作る事になりました。3年くらいそんな仕事をしていましたかね。その後また会社を辞める事になって、Z’sを立ち上げるに至りました。すぐに物件探しをして色々探した所この高円寺に出しました。

PCI:高円寺を選んだ理由は?

加藤:高円寺は音楽人口は多いですね。楽器をやっている方が住んでいるのも多いと思います。それで選びました。

PCI:Z’sは何人で営業されているんですか?

加藤:私は販売と電気系統のリペアや製作をしています。他に、木工回りの作業を行うリペアマンと社長と女性のスタッフです。

PCI:お店の品揃えなど、現状を教えてください。

加藤:Guitarはカスタムギターを多く取り揃えています。Ampはどちらかというと、ハイゲインものが多いですね。力を入れていて要望が最も多いのは、エフェクトボード、ラックシステムなどの製作です、元々録音の仕事をしていたので、ラック機材からコンパクトエフェクターまで配線や電気回路など好きでした。月の半分くらいはラックやペダルボードの配線組み込みを行っています。今までにかなり大量に組み込みましたね。数は把握していないですが(笑)

PCI:ラックやペダルボードの組み込みが多いとの事ですが、以前と変わった所はありますか?

加藤:昔はいわゆる冷蔵庫並みのラックを組んでいた方も、移動など考えて、電車で運べる程度の物が非常に増えて来ています。それには、ここ数年コンパクトエフェクターの品質向上が寄与していますね。アナログもデジタルも非常に良くなってコンパクトでボードを作っても音は良いですね。こういった組み込みに関しては、意外と引き受けてくれる店がなかなか少ないようです。以前はやっていても、現在はやっていないというところも多いようで、結構駆け込み寺としてうちに来てくれる方が多いですね。

PCI:受注してから受け渡しまでの時間は大体どのくらいですか?

加藤:全部そろっていれば、作業の時間的はサイズにもよりますが、3日から2週間程度です。

PCI:ペダルボードには欠かせないエフェクターについて、最近の動向はいかがでしょうか?

加藤:最近はこれっという製品は減った様に思いますね、というか一時の様な入荷するとすぐに無くなる様な製品は無くなりました、あっても、旬な時期が極端に短くなっていますね。
うちの店では、他の量販店さんに置いてある様なもの、というのは難しいですね。わざわざ高円寺の駅からも決して近くはない所に来て頂くので、珍しいマニアックな製品をラインナップしておく様にはしています。

PCI:お店のラインナップでおすすめブランドは?

加藤:もちろん最近は個人的にもXotic Guitarsが良いですね。今までのカスタムギターっていうのは、職業っぽいという感じがありましたね。弾き易くて、いつでもどこでも、同じ音が出せ使い易いって言うのに飽きて来ている感じがありました。そんな時に、Xotic Guitarを紹介されました。カスタムギターっていう良さがあり、なおかつ良いフェンダーなどのロックっぽさや、良い意味での雑味があります。以前店頭にあったものはすぐに売れてしまいました。購入される年齢層は20〜40歳くらいのお客さんが多いですかね? ミュージシャンばかりというわけではありませんね。Ampについては、ボグナーが多いです。

PCI:ここにある小さいBoardにはXotic EP Boosterが入っていますが、Xoticペダルの最近のレスポンスは如何ですか?

加藤:EPは非常に小さくて音も素晴らしいですね。最近はAC Plus, BB Plusも改めて購入しようと言う方が増えて来ていますね。ツインペダル系は良く声がかかります。既にTremendous Trio(AC/RC/BB)を持っている方も多いので。

PCI:Web Siteでも販売はされていますか? 

加藤:やっています。Webではお客様も買い易い物、エフェクターなどの販売が多いですね。

PCI:現在Xotic Fairをはじめて頂いていますが、反響はどうですか?

加藤:まだ始めたばかりですが、ホームページのアクセス数がぼんと増えました。ホームページ、デジマート、あとPCIさんからのページから流れて来てくれています。

加藤さんご自身について

PCI:楽器はされますか?

加藤:キーボードを元々弾いていて、中学生位から、Guitarを始めました。

PCI:お好きな音楽は

加藤:guitarを始めた頃は世代的に、ギター=ハードロックでした。バンヘイレンでしたね。バンドを始めた頃は一旦Guitarを置いて、キーボードをやっていました。

PCI:バンドもハードロックでしたか?

加藤:いえ、その頃はフュージョン系やジャズっぽい物が多くなりました、そのまま音楽大学に行き音楽の勉強をしました。

PCI:その辺りからシステムなどにも興味を持ち始めたと?

加藤:そうですね。そこでギター弾いてる友達も一杯いましたし、私もまたギターを弾き始めたりしていましたので、スティーブヴァイの音を出すにはどうしたら良いのか?とか調べたりなどしていました。レコーディングも一緒に丁度プロツールズなども出て来ていた頃でしたので、覚えて、しばらくは楽器を置いて、録音の仕事をしていました。一時期レコーディングの機材を作っている会社に入りました。カスタムショップ的な感じで録音機材のマイクプリアンプ、イコライザーなどを作っていました。そこで技術的部分を覚えたのです。

PCI:それから楽器を弾くよりも、作る様になったんですか?

加藤:そうですね。丁度そのころ自作のエフェクターなど作ったりするのもはやって来ていた時期でもありました。ただ、今でも家ではギターを弾いています。現在はジャズ・フュージョンなど好んで聴いていますね。好きなギタリストというと、この間見に行ったジョンメイヤーは素晴らしいギタリストですね。

PCI:最後に読者の皆さんに、この店の強みなどアピールお願いします。

加藤:うちの強みは、やっぱり一番はメンテナンスの部分ではないでしょうかね。アンプ、エフェクターのリペア・メンテナンスです。例えば、お客様は真空管アンプは真空管を変えると凄くお金が掛かるのでは無いか?という方は多いと思いますが、うちでは全て出来るので、余計なコストが掛からず比較的お求め易い金額になると思います。もちろんメーカー保証期間内であれば、メーカーさんに出した方が安い場合もあると思いますが、保証後には是非利用して頂けたらと思います。お得で安心です!


Guitarshop Z’s

〒160-0022 東京都杉並区高円寺北3-40-13 BIG VALLEY101
tel:03-6658-4623
営業時間:PM0:00〜PM:8:00
定休日:月曜・祝日
http://www.guitarshop-zs.com/




2002-2017 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先