2015年1月31日

NAMM2015 PCI Booth(Xotic,E.W.S.)

今年もNAMM Showに行ってきました!
LAは昼間は20℃を超え、とても冬とは思えない気候で(更に乾燥しています!)本当にGuitar作りには最適な環境と言えますね。

NAMM会場は今年は一段と人が多く、景気が良いのではと思いました!
海外ディーラーとも今後の展開色々面白い話しが進行中ですので、今年もがんばって行きたいな!と更に思う良い旅行になりましたね!(観光無しの仕事ですけどね。。)

以外と写真は撮っていない事に今更ながら気付きましたが、少ない写真ですいません。


NAMM会場
NAMM入り口.JPG

毎回入り口は変わらないですが、お約束の写真という事で。。


PCI Booth
PCI booth2.JPG

前回はPJBと共同でしたが、今回は単独ブースでした、人通りの多い場所で常に賑わっていました。

Xotic Pedal
PCI booth1.JPG

バラバラになった写真ですいません、色々な人が触って行った物で。(朝はちゃんと並べられていますよ!)
今回の目玉1はWahです。(XW-1)
既に発売にはなっていますが、色々なミュージシャンが試して行ってくれました。


Special Edition
PCI booth3.JPG

今回の目玉2です。私も詳細はあまり聞かされていなかったのですが、NAMM SpecialとしてSpecial Editionが限定で販売になりました!
即売れの様でしたが、日本向けも少しですが確保しました!(2月に発売になります、現在ネットUP準備中です!)


Xotic Bass,Guitar New Logo!
PCI booth5.JPG
PCI booth6.JPG

今回の目玉3はXotic Gt,Bassのロゴがリニューアルです!
今迄の物より少しVintage likeな雰囲気で個人的には好きです!今後の入荷が楽しみですね!


E.W.S. Japan
PCI booth4.JPG

準備がぎりぎりになって、ハラハラしていましたが、サンプル品のBMC2とTrilogic3が展示間に合いました!
雑誌のレビューの為、旅立って行きました。


菰口雄矢さん
菰口雄矢.JPG

菰口さんも試して行ってくれました。久しぶりの生徒や友人にあえて嬉しそうでした、忙しい中渡米したので、リフレッシュしてくれた事でしょう!


チャックレイニー
チャックレイニー.JPG
チャックさんも元気そうでしたPCIブースにて雑誌社のインタビュー!
2月すぐにマリーナショウでライブですので、またすぐに会えますね!


NAMM初日にLAについたのですが、会場には行かず、眠い目をこすりながらPCI LA Officeへ秘密のミーティングに行きました。
ミーティングの内容はまだまだ言えませんが、少しだけ写真を
PCI USA.JPGのサムネイル画像
菰口さんと沢山のギターを試したり。
PCI USA Neck.JPGのサムネイル画像
ネックぶった切ってロッドチェックしたり。
PCI USA(60's).JPGのサムネイル画像
Vintageのストラトをばらしていたり。

色々今年はGuitarも進展がありそうです!


他のブースも近々Up予定です。

黒川

投稿者 pcij : 03:19

2014年12月 1日

楽器フェア2014

3年ぶりとなる楽器フェアが開催されました!
今回は横浜パシフィコから東京ビッグサイト国際展示場へと変更され、駅からも前よりは近くなったのでは無いでしょうか?

PCI JapanはXOTiC、EWS、Raw Vintage製品を引っさげて、キョーリツコーポレーションさんのブースを間借りという形で出展しました。
というのも、XOTiC Guitarのユーザーでも有る菰口雄矢さんはキョーリツコーポレーションさんの取り扱いのMesa Boogie Ampのユーザーでもあります。(Mesaでも、Ronestar, Dual Rect, Mark Ⅴを使用している)
キョーリツ担当者様から菰口さんのイベントを一緒にやりましょうというお誘いを頂まして、順調に準備も進んで行った次第でした。

楽器フェア.JPG

楽器フェア会場レッドゾーンにてMesa & XOTiC クリニックの様子。
楽器フェア2014コモレッド1.JPGのサムネイル画像
なかなか哀愁漂う雰囲気の中、沢山のお客さんに菰口さん見たさで集まってくれましたね!内容もぴったり30分!素晴らしい。

キョーリツブース内の菰口雄矢クリニック
楽器フェア2014コモイベント.JPGのサムネイル画像

キョーリツブース内のIKUOクリニック
楽器フェア2014イクオ.JPGのサムネイル画像
さすがIKUOさんもうブース内が入りきらない程の人で溢れ返っていましたね!

今回の見所は新製品XOTiC Wah(XW-1)とEP Booster Yuya Komoguchi Spesial Editionが初披露!
楽器フェア2014(XOTiC Wah,EWS).JPGのサムネイル画像
まだ2台しか無いWahなど、沢山のお客様に触って頂きました!
更にWahの横にはまだサンプルのE.W.S. BMC2とTrilogic3が。。。こちら詳細はまた今度。


そして沢山のミュージシャンも会いに来てくれました!(普段からあまり2ショットの写真など撮らないので、撮り忘れた方も多数ですが。。)

土方隆行さんと菰口雄矢くん
楽器フェア2014土方、コモ1.JPGのサムネイル画像
土方さんは菰口君のプレイを見る為に2日間追っかけしていましたね。お互いリスペクトし合う2人でいつか共演して欲しいですね!

大渡亮さん
楽器フェア2014亮さん.JPGのサムネイル画像
メール、電話では良く話してますが、久々の再開でした。大渡さんも菰口君のファンでイベントをずっと見ていて凄いね〜と言ってましたね。

古市コータローさん
楽器フェア2014コータロー.JPGのサムネイル画像
PCI Japan Blogでもおなじみの、古市コータローさん!毎回欠かさずブログも更新して頂き、頭が下がります。今回ブログ復活もやはりコータローさんの影響もあったり無かったり。。

加藤ひさしさん
楽器フェア2014リーダー.JPGのサムネイル画像
前日ツアーファイナルであったにも関わらず、早い入り時間で楽器フェアに来てくれていましたね。ツアーも大成功の様で、お疲れさまでした的なショット。

大村孝佳
楽器フェア2014大村.JPGのサムネイル画像
久々の再開!大村さんもひっきりなしに、ファンに囲まれて、ずっと写真とサイン攻めの人集りでした。


そして更に
楽器フェア最終日 キョーリツブース内のクリニック終った後はキョーリツ様のご好意により、ミュージシャンを集めて好きにセッションして良いですよ!という事になり、trandbergで来ていたミュージシャンや、菰口君などで、大セッション大会になって、また凄いお客さん達でごった返してましたね!
菰口雄矢、Martin Miller
楽器フェア2014セッション1.JPGのサムネイル画像
この二人も言葉は通じないですが、超絶プレイの応酬で、物凄いスイープやスキッピングが飛び交ってました!
このMartin Millerさんという方も物凄かったです。

大村孝佳、Richard Lainegard
楽器フェア2014セッション2.JPGのサムネイル画像
早弾きという所では大村さんも本当に負けていませんでしたね。今の若手ミュージシャンは凄いです!
Richard Lainegardさんというのもこれまた凄い!


國田大輔
楽器フェア2014セッション3.JPGのサムネイル画像
2nd Albumが発売になった國田大輔さんも参戦してくれました。新しいCDも聞きましたが、素晴らしいメンバーとの音楽も素晴らしいですが、日本人でこんなに凄いグルーブもエキセントリックなアルバムだと思いました。おすすめです!


大村孝佳、Jack Gardiner
楽器フェア2014セッション4.JPGのサムネイル画像
このJack Gardinerさんという方も、見た目とは違いなんと二十歳そこそこらしい。(ホントか?)っていう位の凄みありましたね。かなりの変態ギタリストでしたね。。

それ以外にもミュージシャンだけでなく、沢山のお客様や、楽器店の方々とふれあえた三日間でしたね。大声出さないと声が聞こえない会場内でのどはガラガラにはなってしまいましたが、奇跡的に風邪もひかずに乗り切れました。

次回は多分2年後ですかね!?

黒川

投稿者 pcij : 23:42

2011年4月19日

E.W.S. LBD(Little Brute Drive)発売!

NAMM2011で発表になりました、E.W.S.よりの新製品LBD(Little Brute Drive)が遂に出荷開始になりました。
地震の影響もありまして、少し遅れてしまいましたが、何とか出荷開始しました。
2.jpg
Bruteの名前の通り、このLittle Brute Driveもかなりの暴れん坊なエフェクターです。
ControlはGain一つだけというシンプルなコントロールで、Brute Driveよりは操作性においては劣りますが、Output VolumeとTrebleが内部トリマーで設定出来ますので、多彩な音作りが可能です。
場所をとらない小さいサイズなので、足下のPedal Boardに入れ替え必要なくインストール出来、手軽にハイゲインサウンドが手に入るでしょう!

取り説など詳しい情報はこちら
定価は¥15,000(税込み¥15,750)となっています。

5月売りのYOUNG GUITARの付属DVDでも菰口雄矢くんによるデモ演映像収録されています。

更に初回出荷分に関しては、E.W.S.キーホルダーが付属となっています。
写真.JPG
このキーホルダーはXJ-1Tのポジションマークでも採用されている蓄光材ルミノーバ製で長時間かなり明るく光ります!
写真-1.JPG

まだまだ出荷された台数は少ないですが、楽器店で見かけた際は是非、お試しください!

投稿者 pcij : 02:31

2010年8月 2日

Trilogic2発売になりました!

廃盤になっていたTrilogic Bass PreampがE.W.S.よりデザインも小さく新たに復活致しました。
NAMM2010でSampleだけは並べていたのですが、最終的な仕様詰めていて、やっと発売に至りました!
是非チェックして見てください。
TRI2.jpg
定価¥18,000(税込み¥18,900)

Travis Carltonによる映像はコチラ
travisCarlton_may2010_baked.jpg

投稿者 pcij : 21:34

2010年5月27日

E.W.S.新製品発売!

Fuzzy Driveなど評価され認知度が高まって来た、E.W.S.より新製品Brute Driveが発売になります!

Brute写真.jpg
NAMM2010でSampleのみ展示していたので、各雑誌で写真など見た目は見ていた人はいるかと思いますが、遂に入荷のめどが立ちました。

スムーズなクラシックスタイルのDistortionでその名の通りBrute(野蛮)なサウンドです。重厚なロー&ミッドが得られ過激な歪みの中にも繊細なサウンドが楽しめ、Boost Switchでローミッドをよりファットにしてくれる、多機能なコントロールが可能です。

価格も定価¥18,000(税込¥18,900)とリーズナブルな設定となっております。
6月頭に入荷予定です!(続々新作を開発中でTrilogic2とBMCも近々紹介できると思います)

Brute Driveの詳細ページはコチラ
Gannin Arnoldによるデモ演奏はコチラ
菰口雄矢くんによるデモ演奏はコチラ


投稿者 pcij : 03:06

2009年9月 2日

Fuzzy Drive音源

NAMM2009XOTiCブースでもデモ演もしてくれていた、Chris JurgensenからFuzzy Driveのデモ演を頂きました。
head_mod_fuzzy_drive.jpg
サウンドも素晴らしく、要点をついた映像になっていますので、是非チェックしてみてください。
映像はコチラから

Chrisのホームページはコチラです。
http://chrisjuergensen.com

投稿者 pcij : 19:38

2009年8月14日

E.W.S.製品

最近のこのブログLiveの写真ばかりになって来たなと思い、今回はE.W.S.製品を中心に機材紹介をと思います。(Liveばっかり行って遊んでると思われてしまうので。。)

まずは8月末発売予定のE.W.S.Subtle Volume Control(SVC)です。
volumeCtrl_top_banner.jpg
この製品はスコット・ヘンダーソンのアイデアに基づき、E.W.S.とのコラボで生まれたVolume Boxです。通常のVolume Pedalなどと構造等は基本的に一緒です。大きなノブに目立つ矢印が上から見てもどのレベルになっているか一目瞭然です。
例えばリハーサルでは聞こえていたギターの中音が本番では聞こえなくなったという経験は有りませんか?リハーサルの段階から、ドラマーはフルパワーで叩かないので、それに合わせて出していた音量が、ライブ本番でドラマーものってきて音量が上がったため聞こえないという事があります。そんなときに、このSVCでもう少し音量を上げれる様にしておけば、バランス良くライブでも自身の音を感じられるでしょう。(あまり上げ過ぎて自分が目立つ様にと上げてしまうとライブ自体バランスが悪くなるので注意が必要です)
コチラでスコットヘンダーソンによる映像も見れます。
定価¥5,500(税込み¥5,775)です。

もう一点、発売以来好評を得ている、Wah Board Specialについても触れておきましょう。この製品はWahBoardに取り付けするために作られた、アイデア製品です。
wah_board_main.jpg
この製品の取り付け方について説明したいと思います。
WB1.jpg
1.まずCry Babyなら電池カバーを取り外し、ゴム足ごと取ります。(とったネジはネジのみまた使うので、ゴムとネジを分けておきます)

WB2.jpg
2.写真の様に、裏蓋ごとこのワウボードを載せます。

WB3.jpg
3.外したネジで4箇所止めます。(これで平面になってくれるので、ベルクロ等を貼り、エフェクトボードに取り付ける事が可能になりますね。

Wah Board1.jpg
4.これで完成です。(ゴム足が付いたまま取り付けようとすると裏蓋に直接板やベルクロを貼る事になるので、はがすのが大変です)

定価¥2,000(税込み¥2,100)です。それ以外にもRatやFull Drive2なども特注で作る事が可能です。是非お問い合わせください。

長くなってしまいましたが、それでは。


投稿者 pcij : 22:29

2009年5月19日

E.W.S.Fuzzy Drive発売!

こんにちは、ArionやWah等MODやギターリペアで好評を得ているE.W.S.より遂にオリジナルのエフェクターその名もFuzzyDriveが発売になります!
6月の頭には全世界同時発売で順々に店頭に並ぶと思います。もう少々おまちください。
head_mod_fuzzy_drive.jpg
従来のファズ・ユニットは、その心臓部とも言えるトランジスタの品質が不安定なため、サウンドの個体差が大きいという難点がありました。
しかし、EWS Fuzzy Driveでは品質が安定しているオペ・アンプを使用した回路でデザインしています。評価の高いヴィンテージ・ファ ズのサウンドは、やはりヴィンテージ・パーツであるゲルマニューム・トランジスタを使用していることに価値を求める方も多いですが、Fuzzy Driveではオペ・アンプを使用しながらもヴィンテージ・ファズ特有のトーン・ニュアンスも楽しめるようにデザインされています。Fuzzy Driveは、Gainノブを調整することによって、ファズ、オーバー・ドライヴ、そしてそれらの中間的なサウンドも得られるようにデザインしています。

早速、来日中の山岸さんにも試してもらい、『これはええで!』とお済みつきをもらいました。
山岸さん.jpg
近々ミュージシャンコメントの方にUPさせて頂きます。
(山岸さんは5/22ジロキチで永井ホトケ隆さんとの共演が決まったそうです。お時間のある方は是非足を運んでみてください。もちろん僕も見に行きます。)

Fuzzy Driveの価格はなんと¥15,000(税込み¥15,750)です。
衝撃な価格です。是非一度お試しください。

PCI黒川

投稿者 pcij : 22:42

2008年7月 5日

E.W.S. Custom Parts Wah Board

E.W.S.よりNewアイテム発表です。
Wah Board Special !
DSC08154.JPG
これはどんな物かというと、従来のWahはゴム足があるため、Pedal Boardに取り付けの際、ネックになっていました。ゴム足を外しても、ネジの頭が出ているので、段差が出来てしまい、うまく取り付けれませんでした。(裏蓋に直接マジックテープで止めるとはがすときに鉄板が曲がってしまう等、トラブルも多かったですね)

DSC08157.JPG
まずこの状態からネジを外しゴム足をとり、裏蓋ごと、ネジで止める。

DSC08158.JPG
ネジの部分は落とし込みにしてあるので、底面は平なので、このままPedal Boardに取り付ける事が可能になります。
(電池で使用されている方はあまりに強すぎる粘着テープをつかうと外すのが困難になります)

Vox、Crybaby用などそれぞれ用意できますので、お問い合わせください。
価格は¥2,000(税込み¥2,100)を予定しております。(マジックテープは別売)
近日中に店頭に並べれる予定です。お楽しみに!


投稿者 pcij : 21:43


2002-2017 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先