メイン | 2001年9月 »

2001年8月 3日

第1回:GREETINGS!

はじまりました
みなさん、御機嫌いかがですか?
今回からコラムをスタートさせていただく飯島真理です、どうぞよろしく。
みなさんにとっての私のイメージは?「マクロスの、、、、」というのが一番多いかしら。もしくは全然御存知ない方も多いかも。(笑)
「ロスでいろんなスタジオミュージシャンと音楽作っている人ね」
と、ここまで言っていただけたら最高にラッキーですね。
デビューは1983年、アルバム"ロゼ"で。
坂本龍一氏にプロデュースされた最初の新人アーティストでした。
1985年にロンドンで4thアルバム"KIMONO STEREO"を製作してから、私の目標は海外でも活躍できる音楽家になる事でした。
そのアルバムを一緒に作ったキーボード奏者=マックス ミドルトンに大変かわいがっていただき、『なぜマリは日本ででしかアルバムをリリースしないんだ?もっといろんな場所でやればいいのに。』と言われてからの事です。

ロスに住み始めて12年。
日本にいなければ、日本での活動の場がだんだん狭まる。それは容易に想像がつく事でした。とはいえ、応援して下さるファンのみなさんとは本当にありがたいもので、つい先日東京と大阪でライブを2本しましたが、どちらもしっかり人で埋まりました。少し懐かしいあたりの曲も交えながら、最新アルバムを紹介。友人のジェフ バブコ氏とのキーボードユニットという形で行いました。写真も御覧くださいね。

tokyogig1_small.jpgtokyogig2_small.jpg osaka1_small.jpg
日本ツアーの模様

最新アルバム"Right Now"は、ここ数年の私の作品より一歩ロック色の濃くなった心地よい音に仕上がったと思います。参加ミュージシャンもかなり豪華で、TOTOのメンバーが一同に集合。ギタリスト=ロベン フォードも1曲。
その他、気心知れたビソネット兄弟など心暖かいミュージシャン達に支えられ、制作も快調に進みました。アレンジ、プロデュースも全曲自分自身で手掛けた力作となっております。ぜひ応援して下さいね。(アルバムは私のサイトwww.marimusic.com で発売中!!)

今回は自己紹介という感じでさらっといきました。
これからもどうぞよろしくお願いしますね。 :)
来月までお元気で。
飯島真理

彼女のインタビューも掲載しました。こちらまでどうぞ。

投稿者 admin : 09:09


2002-2019 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先