« 2010年1月 | メイン | 2010年8月 »

2010年2月21日

レコーディング無事終了

レコーディング、大成功の内に無事終了しました。
今回は、トモ藤田&ウィル・リー、
ジョン・ヘリントン&ジェームス・ジーナス、
オズ・ノイ&ウィル・リーとの3つの違う
トリオフォーマットでのレコーディングでした。

今回のコンセプトはグルーヴと3人での音の会話。
しっかりとリハーサルを重ねて行って、本番では
自分らも予測していない領域まで持ってく事が出来ました。
表面上は思いっきりロック、ファンク、ブルース、プログレっぽいのも?
でも音での会話という意味では、ジャズそのものだと思います。
ウィルからは今まで参加したアルバムで、One of the Bestに
なり得るアルバムだって言ってくれています。
もちろんリップサービスもあると思いますが、
ウィルにそう言ってもらえるのは、やっぱり嬉しい限りですね。


ここからは順を追って写真中心で行ってみたいと思います。
まず僕のスタジオでの最終リハーサルから。

James Genus (b), Jon Herington (g)と。
IMG_0260.JPG

Oz Noy (g), Tomo Fujita (g), Takanori Niida (d), Will Lee (b)
IMG_0311.JPG
IMG_0328.JPG

レコーディング1日目。
まずは僕のセットから。今回のスタジオ、
Mission Sound Recordingの部屋の鳴りとも相性バッチリ。
フェーダー上げただけの基本EQなしで、凄くナチュラルで
ダイナミックなサウンドで録音出来ました。
IMG_0334.JPG
IMG_0338.JPG
IMG_0345.JPG

トモ藤田さんと後ろにさり気なくエンジニアの畑亮次さん。
IMG_0368.JPG

もう一枚、上機嫌なトモさん(笑)。
IMG_0355.JPG

1曲目大成功の後の腹ごしらえ中のウィル。
IMG_0383.JPG

ウィル曰く、牛丼を食べているところらしいです(笑)。
IMG_0377.JPG

3人で。Will Lee (b), Takanori Niida (d), Tomo Fujita (g)
IMG_0388.JPG

レコーディング2日目。
この日は大雪。でも予想していたよりは、少なかったです。
写真はスタジオの前。
IMG_0405.JPG

ジョン・ヘリントン (Guitar)
IMG_0434b.JPG
IMG_0476b.JPG

ジェームス・ジーナス (Bass)
IMG_0445b.JPG
IMG_0452b.JPG


3人で。James Genus (b), Takanori Niida (d), Jon Herington (g)
IMG_0455b.jpg

レコーディング3日目。
オズ、ウィルとのセッションですね。
まずはちょっとオズの機材を紹介。
IMG_0544.JPG
IMG_0487.JPG

オズ・ノイです(笑)。
IMG_0512.JPG

1曲目を終えてスーパー上機嫌なウィルと。
IMG_0510.JPG

僕の、ドラムの位置から撮ったウィル。ピンボケていますけど、
舌出していますね(笑)。
IMG_0527.JPG

この日も、ウィルはトモさんとのセッションの時に食べた
あのハンバーガーがたべたいと。なのでまたまたデリバーして皆で食べました。
ウィルの目にピクルスが、、、(笑)。
IMG_0526.JPG

3人で。Oz Noy (g), Takanori Niida (g), Will Lee (b)
IMG_0534.JPG


レコーディング2日目と3日目は日本から
CDジャーナルの見学&取材も入りました。
早速ウェブ版で記事になっていますので、
こちらも是非ご覧下さい。
http://www.cdjournal.com/main/blog/787

発売はまだ先になりますが、レコ発日本ツアーも含めて
楽しみに待って頂けると嬉しいです。
それでは今回はこの辺で。

新井田孝則


Takanori Niida Official Website
Takanori Niida Myspace

投稿者 niida : 15:09


2002-2020 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先