« 2005年3月 | メイン | 2005年8月 »

2005年5月 7日

ドイツ北東部公演ツアー他、ベース1本でDJ役を務めた日々

今沢カゲロウです。
“BASS NINJA TOUR 2005”の真っ最中、札幌のイベントゲスト公演先でこれを書いています。10枚目のアルバム、”folks”の録音も全パート終了。今回はほぼ全曲に、ベースシンセサイザーを導入してのぞみました。まだミックスダウンとマスタリングが残っていますが、リリースが楽しみです。

さて、私のツアーの内訳は、ロック系のイベントゲストや、ジャズ系のアットホームな会場で2~3ステージやる場合、クリニックとライヴをミックスする場合など様々だが、クラブイベントのゲストライヴアクトに呼んでいただく場合も多い。DJがプレイする間に入ってソロをやるのだが、イベントによっては「前の DJで客が踊っているそのままの状態を、メインアクトのベースソロでさらにアゲて、次のDJにつないで欲しい。」という要望。今ではBASSNINJAのライヴではすっかり当たり前になってしまったスタイルの一つ。90年代後半のヨーロッパのクラブサーキットは、BASSNINJAパフォーマンスといえばほとんどこんな感じのオファーが定着して、クラブを転戦した。 もちろん、最初からこんなスタイルができていた訳ではない

gal09.jpg

ベース1本持って海を渡ったばかりの頃に、様々なアーティストとコラボレーションする過程で、通常のベースプレイヤーが要求されないようなむちゃくちゃな事を、ダンスや映像関係など、音楽以外のアーティストに要求されたのがきっかけである(笑)。「ベースで風の音を出してくれ。」「光り輝くような音を出してくれ。」「DJがいないので、代わりにトランス風の雰囲気を作ってくれ。」などなど。(だったらDJ呼べって(笑))その時期にディレイマシンと格闘しながら、ボディやピックアップをヒットさせながら、踏むタイミングを色々と変化させながら、ツマミを瞬時にいじりながら、スラッピングとタッピングをミックスさせながら、ベース1本で踊れるリズムを模索した。

象徴的だったのは、ベルリンのクラブ、”die insel”。水辺の真ん中の島にあるクラブ。 会場に行くと、ターンテーブルが5台とマーシャルのベースアンプが1台。 ロッテルダムガバ(テクノ)からデジタルハードコアまで、高速bpmのDJが続く。 私のソロは5番目。ラストはアレック・エンパイア。 会場いっぱいの客は、最初から速めのbpmに身をまかせて、身体を躍らせたり、痙攣させていた。4番目のDJがかなり客をひきつけ、まだまだ客は暴れ足りない様子で終了。 実は間抜けなことに、私はこの日はこういう主旨のイベントとは知らずに、ブッキングされるがままに、ツアーの流れでこの会場に来ていた。そして来てみてビックリ。 ここで、本来ならバスドラのキック音がないなど、音圧的にどうしてもDJに負けてしまうベースソロで、どうやって暴れたい客の欲求に応えていこうか、悩むところもあった。

しかし、そんな心配はスタートした瞬間に吹き飛んだ。それまでに模索し、会得したスキル(トンデモ芸の数々とも言うよね(笑))をつめこんだ結果、客はそれまで以上に暴れ出し、ヘッドライナーのアレックの前だというのに、何度もアンコールが起きて、演奏時間は大幅に伸びてしまった。この日のパフォーマンスがヴィデオで出回り、さらにドイツ以外の色々なクラブからオファーが来るようになり、客の方も暴れる気満々で(笑)私のライヴに来るようになった。大きなクラブから、イリーガルな小さめのクラブまで、沢山のクラブでこのスタイルでやっているうちに、ベルリンのpyonenというオーガナイザーが私を気に入ってくれて、当時150万人が集った巨大イベントのラヴパレードにつながっていった(ラヴパレードについては、またいつか書く予定)。今でも毎年、大晦日のカウントダウンイベントはクラブに呼ばれてこのスタイル。そして、夏の野外イベントでもこのスタイルでのオファーを時々頂く。今でも毎回新たな発見があり、気がつけばどんどん新しいものを取り入れて、ベースプレイヤーであることをこえて、パフォーマンスのレンジが日々拡大されていくのが楽しい。

今回は“BASSNINJAといえば、これ”というスタイルのきっかけは、もともとは偶然だった・・・というお話でした。

そんなBASSNINJA、今沢カゲロウのツアー、4月は福岡、山口宇部、広島(インストアライヴ)、岡山笠岡、姫路(トークショウ)、神戸、和歌山、東京、旭川、苫小牧、江別、札幌、帯広・・・とまわりましたが、5月は14日以降は下記の会場に行きます。近くの街に来たら、ぜひ遊びに来てください。楽しいですよ。これからも応援よろしくお願いします。(5/9/05)

5月14日(土)
at:つくばMusicPlant (つくば市吾妻3-12-3 / tel: 029-856-1366)

5月17日(火)
at:横浜BBストリート (横浜市中区真砂町3-33セルテ12階 / tel: 045-681-8202)

5月18日(水)
at:市川りぶる (市川市市川1-12-20 / tel: 0473-26-9719)

5月21日(土)
at:岐阜ソウルダイナ (羽島郡岐南町上印食9丁目67-3 / tel: 058-240-7999)

5月22日(日)
at:土岐Bird&Diz (土岐市泉梅の木町2-11 / tel: 0572-55-5399)

5月27日(金)
at:石巻ラ・ストラーダ (石巻市中央2-11-18 / tel: 0225-94-9002)

5月28日(土)
at:唐桑半造レストハウス (宮城県唐桑町小長根264-2 / tel: 0226-31-2055)

5月29日(日)
at:陸前高田ジョニー (陸前高田市大町2 / tel: 0192-54-3934)

6月1日(水)
at:仙台enn (仙台市青葉区本町2丁目14-15 / tel: 022-212-2678)

今沢カゲロウ/Quagero Imazawa   
プロフィール
世界を駆け巡り、欧米で“BASS NINJA”の異名をとるエレクトリックベーシストであり、作曲家。全9作(2005年5月現在)のアルバムを発売。年間250本以上の世界公演を行う。
http://www.bassninja.com/

投稿者 admin : 10:03


2002-2018 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先