ベースXJ-1Tに6弦モデルが登場しました。
AC-Booster、RC-Booster、BB-Preampが10周年を記念して新定価になりました。
スペシャルDVDのプレゼントもあります!
バーチャルカスタムギターシステムにXJ-1Tモデルが追加されました。
自分好みのXJ-1Tをつくってみよう!
XOTiCが信頼を置くT's Guitarsのファクトリーツアーを掲載しました。
Allen Hinds デモVideo
(XS-2 '59 Burst,
Allen Hinds Customモデル)
 

 

好評のXJ-1Tが更に進化!機能性・操作性に富んだ新仕様にグレードUPされました。
 

 

Xotic JB-Pickup

今まで標準装備していたLindyFralinのサウンドも踏襲しつつ、磁力を強化することでピッキングに対する応答性が向上。音質は従来よりややブライトでボトムもしっかりとしたトーンに仕上げました。

Travis Carlton(日本語字幕付)

Luminova Position Mark

世界各国で60%以上のシェアを占めるルミノーバを採用。従来の蓄光材と比較し、10倍の明るさと残光時間を誇る夜光塗料です。これで、ステージの暗転の際でもポジションを見失う事はありません。
ルミノーバとは

E.W.S. Tri-logic2

従来品よりノイズを低減し音質アップ。消費電力を格段に抑えた設計で、電池の持ちも飛躍的に向上。更にMID切換えスイッチを前面に移動し、細かい設定がし易くなりました。

mini SW

Tri-logic 2のMid SwitchとBright Switchを細かく設定する事が出来ます。

SW1 (MidSwitch):Off/On-@400Hz/800Hzー±12dB
SW2 (BrightSwitch):Off/On-@6KHz/12Kー±18dB

Mid SWはミッドEQのブースト/カットする中心周波数を変更可能です。
SW−OFF状態でローミッド(400Hz)が選択され、SW-ONでハイミッド(800Hz)に変更されます。
Bright SWはトレブルEQのブースト/カットされる周波数帯域を変化させます。
SW-OFFで6KHz近辺を中心にブースト/カットできますが、SW-ON状態では12KHz近辺を中心により高い周波数帯域までもブースト/カットが可能となります。
フルブースト状態ではキャラクターの変化がより顕著であり、SW-ON状態では非常にグラッシーなトーンとなります。これまでのXJー1T以上のメタリックなスラップサウンドも出力可能となりました。   

   

Xotic Case

より持ち運びに便利な、Xotic Gig BagへバージョンUP!頑丈な作りで安全性も抜群。デザインもスリムなGig bagです。

 

 


Option
Hum Reduction Inductor

Optionで新たに追加されたHum Reduction Inductor!
JBで問題になる、フロント、リア各PUのみで使った時のハムノイズを、音質を変えることなく低減する画期的なシステムです。

HRI-J4 for XJ-1T 4-string
HRI-J5 for XJ-1T 5-string

定価 ¥15,000(税抜)+取り付け工賃
(※仕様によって多少の工賃の違いがあります。お問い合わせください)

2002-2017 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先