プロベーシストが Xotic Bassを評価!

by 中條卓

Photo by Hiroshi Mochizuki (Copyright 2003 Hiroshi Mochizuki)

Xotic Bassを愛用されている
シアターブルックのベーシスト中條さんに
好きな理由をお聞きしました。

・プレシジョンタイプ(サンバースト)
最初に使い始めたXoticのベース。パワーと音のレンジの広さはフェンダーのプレシジョン・ベースが進化したような感じでしょうか。低音の粘りが強く音の減衰の仕方がフェンダー社の物に比べると長いようで、荒くれ者な印象があります。

・プレシジョンタイプ(グリーン)
最初のプレシジョンタイプのものに更に弾き易さ等を考えたリクエストを盛り込んでもらったものです。ネックをフェンダーのジャズベースに近い感じにしてもらった為に、ローポジションからハイポジションまでのフィンガーリングがかなり楽になってます。その事も関係しているのか、音の方も若干、ジャズベースに近い物があり、ふくよかな低音からシャープな高音までを出すことが出来ます。サンバーストの物よりハイファイな印象がありますね。加えて、弦をボディーの裏から通す事も可能なので、独特のテンションとサスティーンを得る事が出来ます。

・フレットレス・ペイント(セミホロウボディー)
通常のピックアップとブリッジ部のピエゾピックアップのブレンド、セミホロウのボディーで作る事の出来る音はかなり豊富で独特です。抽象的な言い方になってしまうが、バネをはじいた様な音とでもいうか.....。弦の振動する感じ、ボディーが鳴っている感じがかなりリアルに弾いている身体に感じられます。ボディー本体の作りもあって、どちらかと言うとアコースティックな音楽において本領を発揮するのではないでしょうか。

・フレットレス・ペイント

硬く重い音と長いサスティーン。うねる低音(のたうちまわる大蛇のような)を出すにはもってこいです。ネックの握りはグリーンのプレシジョンタイプのものと近いため、よりスムーズなフィンガーリングが得られます。

どのベースにも言えることですが、アンプを通さない状態での音がしっかりしてますね。更に、ボディー本体の目が詰まっていて重いのが良い。
持ち運びは辛いけど....。
これらは僕がベースを選ぶ際にもっとも気にしている点なのですが、Xoticのベースはこれを満たしてくれます。

中條さんのサイトはこちら
中條さんの連載コラムはこちら  


2002-2017 Prosound Communications Inc
  サイトマップ  PCIについて  個人情報について  連絡先